うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    タグ:高島彩


    高島 (たかしま あや、1979年2月18日 - )は、フォニックス所属のフリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサーである。戸籍名、北川 (きたがわ あや)。旧姓、高島。東京都世田谷区出身。夫はゆずの北川悠仁。 父親は俳優の竜崎勝(本名:高島史旭)で、高島
    21キロバイト (2,896 語) - 2018年9月25日 (火) 05:06



    (出典 runrunskip.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/02(金) 22:59:35.51 ID:KDDpMXjP9.net

     「えっ、アヤパンヌードってマジ?」高島彩(40)が近々、ギャラ1億円とされる「怒りの四十路離婚ヌード」写真集を発表するとの観測が急浮上している。

     「高島には今、'11年10月に結婚し、'14年2月に長女、'16年6月に二女をもうけた夫、『ゆず』北川悠仁(42)との離婚説が取り沙汰されています。7月4日発売の『女性セブン』が、高島と、北川の母で新興宗教『かむながらのみち』教主でもある北川慈敬さんが、長女の“小学校お受験”をめぐり、対立していると報じたのですが、まさにその“義母との確執”が大きな原因とされます」(スポーツ紙記者)

     報道によると高島は、長女がキリスト教系の小中高一貫女子校を受験することを希望。だが、義母は宗教が違うことなどもあり、猛反対しているというのだ。

     「実際、高島と義母の対立は深刻のようです。高島は北川と交際開始後、入籍時期や禁酒などについて義母の指示に従ってきた。しかし、長女の受験先にまで反対され、もう我慢ならないというわけ。高島が、二女を産んで間もない'17年4月から『サタデーステーション』(テレビ朝日系)メインキャスターとして復活したり、ミニスカ衣装が多いことも義母に苦言を呈されたようで、不満爆発寸前の高島は離婚決断をこぼし始めているそうです」(同)

     フジテレビ時代「アヤパン」の愛称で大ブレーク。'02年にはシングル曲を出すなど、目立ちたがり屋。そんな高島、離婚とともに仕掛ける“衝撃計画”を密かに進めているというのだ。

     「離婚と同時に発表する“初全裸写真集”プランですよ。義母の宗教的教えに縛られる生活が続いていたことに対する反動で、あえて初ヌードをあてつけ披露するというわけです。Eカップ乳と美脚でボディーに自信を持つ彼女は、以前から“ヌード写真集を出したい”と本気で話していた。すでに一部出版関係者と“ギャラ1億円ならやります”という条件で話を進めているとか」(芸能記者)

     あとは離婚Xデーを待つのみだが、独身に戻ったあとは、「女優デビュー」路線に舵を切るという。

     「元祖アイドルアナの道を切り開いてきた高島としては、後輩の加藤綾子や田中みな実らフリーアナが、女優デビューを飾るのを悔しく思ってきた。だが、離婚すればもう足かせはない。離婚ヌード発売が実現した場合、その後、“濡れ場OK”な美熟女女優としても活躍したいと周囲に明かしているようです」(同)

     アヤパンの覚悟はどうやら本気らしい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1948688/
    2019.08.02 21:00 週刊実話


    【【芸能】高島彩、40歳の決意に離婚選択と“1億円強行ヌード”とは?】の続きを読む


    北川 悠仁(きたがわ ゆうじん、本名同じ、1977年1月14日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、タレント、漫画家。岩沢厚治と組んだゆずのリーダー。愛称は、「悠仁」「ちゃん」「くん」。 母は宗教法人かむながらのみちの教主北川慈敬。既婚者であり、妻はフリーアナウンサーの高島
    18キロバイト (1,751 語) - 2019年6月22日 (土) 16:25



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/07/04(木) 23:16:15.49 ID:77Wxph1a9.net

    北川悠仁子育て方針で対立離婚危機2019.07.04

    ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! 宗教上の不一致で嫁姑バトル勃発かの画像1
    ゆず・北川悠仁 インスタグラムより


     ゆず・北川悠仁とアナウンサー・高島彩の長女の小学校受験をめぐり、高島と宗教法人「かむながらのみち」の教主を務める北川の母・慈敬さんの間でトラブルが勃発しているという。

     4日発売の「女性セブン」(小学館)によれば、高島が2017年4月から『サタデーステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを始めたことで、嫁姑関係が悪化。さらに、来年から小学生になる長女を小中高一貫教育のカトリック系の女子校に入れたい高島と、自分の教えと異なる宗教系の学校に孫を入れたくない慈敬さんが対立。高島は実家を避けるようになり、受験準備を推し進めているという。

     北川と高島は2011年に「かむながらのみち」の総本山である山梨県の身曾岐神社で挙式を行い、14年に長女を出産。その際、慈敬さんは同宗教の公式サイトで「子どもは親の映し鏡ですよ」「それまで自分のためだけに生きてきた心を入れ替え、この命が少しでも世のため、人のためにお役に立つようにと、自己の心身を捧げる生き方のことです」などと、高島へのメッセージともとれる文章を発表していた。

     「同宗教は夫唱婦随による家庭円満を実践目標に掲げており、慈敬さんは説法のなかで“家庭における女性のあり方”について繰り返すなど、現代では男尊女卑ととられかねない部分も。結婚後の高島は義母の思いに応えようと仕事をセーブしていますが、早くも限界を感じているのかも」(記者)

     総本山である身曾岐神社では、毎年ゆずのライブが行われているが、ゆくゆくは北川が教主を継ぐといわれている。

     「北川が継ぐとなると、妻である高島は義母の教えを守り、数千人の会員に対して家庭の大切さを伝え、見本とならなければならない。そのためには、仕事をきっぱり辞めて家庭に入る必要があるでしょう。高島がそれに耐えられないと判断した時点で、離婚もありえそう」(同)

     現在、2人の娘の子育てをしながら、『サタデーステーション』のキャスターを務めている高島。先の長い結婚生活、姑とうまくやっていけるだろうか?

    https://entamega.com/19646


    【【芸能】ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! “宗教上の不一致”⁈】の続きを読む

    このページのトップヘ