うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    タグ:女優


    西内 まりや(にしうち まりや、1993年12月24日 - )は、日本のファッションモデル、歌手(シンガーソングライター)、タレント、女優。福岡県福岡市中央区出身。 デビュー以来ライジングプロダクションに所属していたが、2018年3月31日付で退所し、以降はフリーで活動している。
    45キロバイト (5,198 語) - 2019年9月4日 (水) 15:30



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 牛丼 ★ :2020/01/09(木) 17:00:25.17 ID:7xtoAjgr9.net

    「ひとと会うのがつらい」「大勢が集まる場所で動悸がする」「外に出るのが怖い」など……ひとに話しにくい症状に苦しんでいる方々に、エールをお送りしたい。そんな思いから、この対談は実現しました。過去にパニック障害を克服した経験がある西内まりやさんに、精神科医の安田雄一郎先生を交えて心の悲鳴に耳を傾けることの大切さについて語っていただきました。

    パニック障害とは?

    パニック障害を克服した西内まりやさん「勇気を出して、自分の心と向き合う時間を」
    突然起こる動悸、めまい、不安感、胸の圧迫感などの「パニック発作」が長期に渡って起こると「パニック障害」と診断される
    ―パニック障害とは、医学的にどのような状態?

    安田先生:
    突然起こる動悸、めまい、不安感、胸の圧迫感、そういった症状をパニック発作と呼びます。緊張する場面とか、大勢の人がいる場所などで起こることが多いのですが、パニック発作が長期にわたって頻繁に起こって困るとなると、パニック障害と診断されます。

    西内さん:
    パニック発作が連続するとパニック障害に……

    安田先生:
    緊張する必要がないときでも電車の中や楽しむために出かけたライブ会場などでパニック発作が起きるなど、パニック障害になると「広場恐怖」というものに苦しんだりもします。

    ―自覚症状は様々なのでしょうか?

    安田先生:
    動悸とか不安、緊張が強いとかですけど、パニック発作的な症状が出たりとか、うつ病と併発したりとか……。職場に行けない、電車に乗れない、外出しづらいとか、そういった形での症状が多いですね。

    正しい治療を 勇気をだして向き合おう

    パニック障害を克服した西内まりやさん「勇気を出して、自分の心と向き合う時間を」
    「理解してくれる人が少しでもいるだけで、全然違いました」
    ―西内さんの自覚症状はどのようなものでしたか?

    西内さん:
    すごく頑張りすぎちゃう性格だったので、それが結局自分の中の限界を超えちゃうというか、バケツが溢れちゃった時に、パニック発作のような症状が出ました。不安な気持ちになったり、眠れなかったりとか、頻繁に起きていた時期というのはすごく苦しかったです。

    安田先生:
    頑張り過ぎちゃう……そういう方は、多いです。ご自身で対策を練ったのでしょうか?

    西内さん:
    初めはすごく、ネットで調べました。それでメンタルクリニックに行って、診断してもらった時に、すごく安心したんです。先生が理解してくれたことへの安心と、私だけじゃないんだって思えた安心がありました。もらった薬も「お守り」みたいな存在で、心強かったです。

    ―メンタルクリニックに行くことで気持ち的にも変わった?

    西内さん:
    少し客観的に自分を見ることで、楽になりましたね。薬はお守りにして、ポジティブになれる生活を心がけました。

    安田先生:
    薬との距離の取り方が上手だったんだと思います。薬だけで改善するのは難しいので、日光に当たったり、体を動かしたりできると、より良いですから。

    西内さん:
    それと、私は環境を変えて、自分の心と向き合う時間を作ったことがよかったと思います。以前は自分自身が自分を大切にできなくなってしまうところまで頑張りすぎていたので……。誰かのためとか、何かのためにって、自分を後回しにしてました。素直に心が喜ぶ環境作りが私の救世主でしたね。

    安田先生:
    それは素晴らしいことだと思います。

    西内さん:
    あと、運動しました! すごくスッキリするんですよね。最初は運動する気力がわかなかったり、外出自体がつらかったんですけど、このままでいるのは悔しいって思ったんです。

    ―悔しさがバネになったんですね。それで自分にとって大事なものが見えてきた……。

    西内さん:
    はい。朝日を見に行ったり、海の音を聞いたり、川に行ったり、自然と触れ合った時に、忘れていた大切なものをすごい思い出して。頑張ることや、仕事が成功することだけが幸せじゃないな、ここにも幸せあるじゃん、なんで気づかなかったんだろうみたいな。

    安田先生:
    日光照射量が少ないと人間は鬱になりやすくなるので、医学的にも理にかなってますね。だから引きこもるのは良くないんです。

    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00010000-medicald-hlth


    【【芸能】西内まりや、パニック障害だった…克服した過去を語る】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    78キロバイト (10,695 語) - 2019年12月12日 (木) 05:01



    (出典 d3ee58ugl9u76b.cloudfront.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/04(土) 18:23:24.18 ID:jcASB0Xc9.net

    女優として売れに売れている吉岡里帆(26)にもテレビでは見せない素顔があった。ドラマスタッフが語る。

    「彼女は業界内の大御所に次々と気に入られ、『大物オヤジ*』の異名を持つほどなんですが、彼女自身による関係者のランク付けが態度で丸分かりだと話題になっています」

    どうにも、厳密なランク分けがなされているというが、

    「我々側からすれば彼女の反応によって『自分がどのランクに入っているか』がハッキリ見て取れる。あまりに露骨なので、最高の『Aランク』から末端の『Fランク』まで、スタッフ間で定義づけられているんです」(ドラマスタッフ)

    吉岡が最も好意的な態度を示すAランクに属するのは、人気映画監督や有名プロデューサーといった有力者だそうだ。

    「彼らの大しておもしろくない話に目をキラキラさせて聞き入り、ちょっとした冗談にも手を叩いて大笑い。隙あらば腕組みを仕掛けるなど、露骨な色仕掛けもいとわないサービス満点のふるまいを見せるんです。将来有望な若手スタッフや人気構成作家らが該当する『Bランク』でも、オススメの店を聞いて『今度連れていってください』というお決まりの鉄板パターンを仕掛けています」(ドラマスタッフ)

    完落ち必至の色仕掛けだが、先のドラマスタッフはボヤく。

    「でも、ADや照明といった我々『Fランク』は人間扱いされていない。集団の中で我々がしゃべっていても完全にうわのそら。目も合わせてくれず“幽霊扱い”なんです。もっとも『無視されていたADの実兄が有名な構成作家と知るや、急にLINEの連絡先を聞いてきた』ということもあり、昇格の可能性は与えられているのですが‥‥」

    そんな格付けのスタッフたちとの酒席では、吉岡のホンネが飛び出す。

    「打ち上げの場で酔いが回ったとたん、ぶっちゃけキャラに変貌します。『売れても思ったより儲からない』と言ったかと思えば『もっとアップのカットを使ってほしい』なんて、正直に思いを伝えてくるんです」(民放局関係者)

    人によって表情を変えられるのは、ある意味、女優のカガミかもしれない

    http://dailynewsonline.jp/article/2142792/
    2020.01.04 17:57 アサ芸プラス


    【【芸能】吉岡里帆、態度で丸分かりの「スタッフランク付け」がヤバイ…その周りからの評判とは?】の続きを読む


    新川 優愛(しんかわ ゆあ、1993年12月28日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、元グラビアアイドル。劇団東俳所属。埼玉県出身。 幼い頃からテレビが好きで、「自分も出演したい」と思い続けていた。小学校6年時、父に「芸能界に入りたい」と話したところ「いいんじゃない」の一言であっ
    47キロバイト (6,306 語) - 2019年8月24日 (土) 09:08



    (出典 irotoridori-jp.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 13:00:58.71 ID:NmIEagMK9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    8月8日、モデルで女優の新川優愛(25)が結婚を発表した。話題を巻き起こしたのは、その相手。
    10歳年上のロケバス運転手なのだ。

    「新川は以前から『歳は離れているほどいい』と年上好きを公言。40、50代のスタッフを喜ばせていましたが、蓋を開ければ相手は35歳。
    オジさんたちは、『そこまで年上でもない……話が違う!』と悲しんでいます(笑)」(芸能記者)

    中学1年の時に芸能界入りした新川。劇団系の事務所に所属し、当初はドラマや映画の仕事が中心だったが、やがて抜群のスタイルを活かしモデル業に進出。

    「雑誌『セブンティーン』から『non-no』の専属モデルというのは、モデルの中でもエリートコースです。
    似たような顔のモデルが多い中、彼女の表情の豊かさは、あの世代では飛び抜けています」(同前)

    CMにも起用され、さらには「王様のブランチ」(TBS)のMCを務めるなど、バラエティもこなす。
    女優としては昨年春「いつまでも白い羽根」(東海テレビ)で連ドラ初主演を果たした。

    「年収は、軽く数千万円はあるはずです」(同前)

    そんな彼女が選んだのは昨今はやりのIT社長ではなく、業界の裏方だった。
    10代の頃に仕事現場で出会い、新川のほうからアプローチしたという。

    お相手のA氏は、都内にある、ファッション誌の撮影ロケを得意とするロケバス会社のドライバー。女性誌編集者が解説する。

    お相手男性の“気配り力”がすごかった

    「ただの運転手ではありません。いわばロケのコーディネーター。撮影に適した場所に通暁しており、カメラマンやモデルら一行を案内してくれる。
    モデルが好きそうな食事の手配もできる。撮影の際にはレフ板も持ち、空き時間にはモデルの話し相手にもなる。
    情報通で、かつ気配り上手でなければ務まりません。それにそもそもAさん、相当なイケメンですから!」

    実際、A氏の所属するロケバス会社は人気で、なかなか予約が取れないという。

    とはいえ収入は別の話。どう逆立ちしても新川には及ばないはず。まさにA氏の気配り力の勝利といったところか。

    A氏に話を聞くべく電話したところ、

    「僕のほうで何か話すのは控えようと思います。相手もあることなので」

    プロサッカーのユースチームに所属経験あり、との説も流れたが、「それは僕ではありません」と否定した。
    現場スタッフや関係者からも人気という評判には、「僕の耳には届いていないので、なんとも言えませんが……」と折り目正しく謙遜。

    ノ“ロケ”話全開、とまではいかなかった。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月29日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16978597/
    2019年8月25日 11時0分 文春オンライン


    【【芸能】新川優愛、衝撃の「ロケバス婚」10歳年上の“運転手“を直撃www】の続きを読む


    夏目 雅子(なつめ まさこ、1957年(昭和32年)12月17日 - 1985年(昭和60年)9月11日)は、日本の女優である。本名、西山 雅子(にしやま まさこ)。旧姓、小達 雅子(おだて まさこ)。其田事務所などに所属していた。 1957年(昭和32年)12月17日、東京都渋谷区宮代町の日本赤
    37キロバイト (4,977 語) - 2019年5月29日 (水) 16:59



    (出典 public.muragon.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 14:28:41.95 ID:NmIEagMK9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    美白全盛のいまとなっては時代遅れだが、夏目雅子の褐色の「クッキーフェイス」は、1977年夏には健康的な女性の象徴だった。その後、残念ながら不幸の象徴になる彼女は、悲恋という知られざる不幸の逸話も残していた。

    女優業にも脂が乗った美しい盛りに、夏目は急性骨髄性白血病でわずか27歳で逝った。前年に結婚した作家の伊集院静氏とは、くだんの「クッキーフェイス」をキャッチにしたCMの撮影で知り合ったという。

    妻がいた伊集院氏を“略奪”するのに数年を要したように語られるが、

    「彼女が“結婚してもいいよ”ということで、四国にある私の実家に、新幹線と宇高連絡船を乗り継いで一緒に行ったんです」

    と語るのは夏目と同世代の実業家、山下康夫氏(仮名)で、80年ごろのことだという。実は、夏目とは幼なじみでもあるそうで、

    「私の実家はお寺で、父は小達(夏目の旧姓)のおじいさんと付き合いがあった。小達家は御典医の家柄で、私の実家から薬草を送っていました。家どうしは古くから関係があったのです」

    40年前の悲恋

    2人はやがて、家を離れた接点を持ったという。

    「彼女は水着姿になったとき、お兄さんに“うちはそんな家柄じゃない”と怒られ、暴力も振るわれて、相談を受けたんです。私はお相撲さんの運転手をしていて車があったから、よく乗せてあげるようになりました。
    府中の撮影所まで迎えに行ったり、彼女が住んでいた横浜まで送ったり。渋谷区の私の借家にはいろんな人が出入りしていて、彼女も時々寝泊りするようになりました」

    そうするうちに、関係も深まったそうで、

    「彼女がロケなどで地方に行くたびに、私も隠れてついて行くようになった。撮影中は、私は独りで遊びに行き、夜こっそり会う。マネージャーにもバレませんでしたよ。こんなかたちで付き合い出したんです」

    こうして、夏目は山下氏と四国に向かうことになったわけだが、

    「後で聞いたんですが、私の親は、私がいないところで彼女に、私をあきらめるように話したようなんです。帰りの道中、“どうしたんだ?”と聞いても、彼女はなにも言わない。それが最後。
    私のところにパッタリと来なくなった。本人は結婚したがっていて、願望は強かったんですが……。その後、伊集院氏のもとに走ったのでしょう」

    妻子ある伊集院氏との交際がマスコミに発覚したのは82年。その前の恋愛が成就していれば、彼女は違う運命を迎えることになったのだろうか。

    「週刊新潮」2019年8月15・22日号 掲載

    https://news.livedoor.com/article/detail/16977718/
    2019年8月25日 5時59分 デイリー新潮


    (出典 i.pinimg.com)


    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    【【芸能】夏目雅子、知られざる40年前の悲恋があった…お相手の幼なじみ男性が語る真相とは】の続きを読む


    福原 (ふくはら はるか、1998年8月28日 - )は、日本の女優(元子役)、声優、歌手、ファッションモデル。埼玉県出身。研音所属。かつてはNEWSエンターテインメントに所属していた。 愛称は「まいんちゃん」。これは、子役時代の2009年から2013年にかけてNHKで放送された料理アニメ『クッキンアイドル
    60キロバイト (6,097 語) - 2019年8月22日 (木) 12:26



    (出典 agrijournal.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/23(金) 01:25:11.61 ID:T7yMI81L9.net

    7日発売のシングル「未完成な光たち」でソロ歌手デビューを果たした、女優の福原遥(20)。日本テレビ系ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や主演映画「4月の君、スピカ。」
    など話題作に出演し、女優として急成長する今、なぜ歌手の道を行くのか。福原の代名詞となったNHK教育テレビ「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」でのまいんちゃん時代から、その理由をひもといた。

    20歳の“まいんちゃん”が歌手活動を本格スタートさせた。デビュー作となるシングルを抱え「うれしくてたまらないです。ここから歌手として始まるんだという気持ち」と元気いっぱいに思いを口にした。

    福原はこれまでにNHK教育テレビ「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」(09~13年)で柊まいん役として主題歌や「なめこのうた」(13年)のキャラクターボイスを担当。歌って踊れる子役としてお茶の間で人気者となった。

    17歳で本格的な女優活動を意識し、地元の芸能プロから俳優・唐沢寿明(56)らが所属する大手芸能事務所・研音に移籍。厳しいレッスンで演技に磨きをかけ、今年は日本テレビ系ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や主演映画「4月の君、スピカ。」など話題作に次々出演している。

    女優としてめざましいスピードで成長する中、なぜ今歌手を目指したのか-。福原の原点とも言える子役時代に理由があった。

    7歳の時に、両親のすすめもあって芸能界入り。数々のドラマに出演するも、極度の人見知りから「芸能界に向いていない」と悩んでいた。「これが最後」と覚悟を決めて受けたオーディションで出会ったのが、まいん役だった。

    まいんちゃんとして初現場を踏むと「苦手」と感じていた世界が一変。明るくポジティブな劇中歌に「こんなにも楽しい世界があるなんて」と気付かされた。気持ちをストレートに表現できる音楽の魅力を発見し、次第に人見知りも解消されていった。

    子役から大人に成長した今も“まいんちゃん”の愛称で親しまれ続けている。「あの役と出会えなかったら今の私はいない」と振り返る20歳は、子役時代に出会った音楽という手段で「落ち込んでいる人を励ましたい」と思い立ち、節目の年のタイミングに歌手活動を決めた。

    デビュー曲「未完成な光たち」は、タイトル通りに何かにチャレンジする人々に送る応援歌。「自信を無くすこともあるけど支えてくれる人やものがある。まっすぐ進んだら光がいつか見えてくる」と自身の体験に寄り添った歌詞となっている。

    地元・さいたまスーパーアリーナで行われた憧れの歌手、安室奈美恵さんのライブに訪れたという福原。会場で「歌で一つになれるライブのパワー」に魅了され、ライブというエンターテインメントに憧れを抱くようになった。

    今後、セットリストが作れるほどに持ち歌を増やしていく。目標という「全国ツアー」のファイナルを地元で飾りたいとし「家族やお世話になった人に恩返しがしたい」。憧れの人と同じステージに立つ日を夢見て、歌手活動にまい進していく。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16939643/
    2019年8月17日 8時0分 デイリースポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 www.ken-on.co.jp)


    【【芸能】福原遥、20歳になり女優で急成長の今…なぜソロ歌手デビューをするのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ