うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    タグ:亀梨和也


    KAT-TUN(カトゥーン)は、日本の男性アイドルグループ。所属芸能事務所はジャニーズ事務所。所属レコード会社はジェイ・ストーム。 2001年にデビュー時、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一の6人で結成。グループ名の「KAT-TUN」はメンバーの名字のイニシャルをつなげており
    62キロバイト (6,376 語) - 2019年6月23日 (日) 07:11



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 20:03:22.29 ID:NmIEagMK9.net

    7月末に発売したアルバムを引っ提げ、全国7都市を周るライブツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2019 IGNITE』を開催している『KAT-TUN』。
    8月16日には大阪城ホールにて大阪公演が行われたが、そこでメンバーの中丸雄一が亀梨和也に苦言を呈する場面があったという。

    当初は15日夜からスタートするはずだった大阪公演だが、西日本に接近した台風10号の影響により、翌日昼からの公演に振り替えられることに。
    しかし、メンバーは「嫌なこといろいろあるかもしんないけど、最高の思い出作ろうぜ!」「昨日の分まで盛り上がろうぜー!」と振り替えを考慮したアオリを入れ、この日も熱気に包まれながらライブはスタートした。

    問題が起こったのは、曲と曲の合間にメンバーがトークするMCコーナーでのこと。SNS等に上がっているファンのレポートによると、
    今回のアルバムに収録されているバラード曲『Reflect Night』の歌い方を巡り、中丸が亀梨にMC内で意見し始めたのだという。

    文章化によって全体の雰囲気が伝わらず?
    中丸は曲の終わりの「いつまでも輝いて」という亀梨のソロパートに対し、「最近そこ一個下げて歌ってない?」と、音程に関する疑問を口にしたとのこと。
    さらに、「音声さんにも確認した」などとスタッフまで引き合いに出し始め、第三者である上田竜也は「楽屋でやってくんねぇかな!?」とツッコミを入れたそうだ。

    結局、この話題は「すみませんでした! 気を付けます」という亀梨の明るい謝罪や、上田の「南無阿弥陀仏!」というおどけた仲介でようやく終了したとのこと。
    とはいえ、一連のくだりはネットニュースで配信されてしまい、ネット上では「公開で口論するほど仲が悪いのか?」といった反応も上がってしまった。

    しかし、文章化すると雰囲気が失われるだけで、実際は険悪さなど感じられなかったという。

    「何も本気で言っているわけではない〝楽しくモメる〟といった感じで、会場の雰囲気も『あーあー始まったよ(笑)』というような明るい空気でしたよ。
    上田の『南無阿弥陀仏』もグループの冠バラエティー『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+』(TBS系)で身に付けた会話を切り替える際に使うギャグですし、
    文章にされたので雰囲気まで伝わらなかっただけかと。まぁ、確かにツイッターでは微妙な空気になったと書いている人もいましたが、気にしいで心配性なだけだと思いますね」(ライブに行ったファン)

    何はともあれ、残りの公演も全力でのパフォーマンスに期待したいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1978838/
    2019.08.25 19:00 まいじつ


    【【芸能】KAT-TUN、ライブ中に亀梨と中丸が口論!? そのケンカ事件の真相とは…?】の続きを読む


    亀梨 和也(かめなし かずや、1986年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバー。 東京都江戸川区出身。ジャニーズ事務所所属。 1998年、ジャニーズ事務所に入所。同期は赤西仁、中丸雄一、増田貴久、藤ヶ谷太輔、塚田僚一。 1999年10月『3年B組金八先生
    34キロバイト (4,204 語) - 2019年5月22日 (水) 08:24



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/04(火) 19:37:48.85 ID:S5acVLWd9.net

    ジャニーズ事務所の若き幹部・T氏が、今も一番の子分としてかわいがっている『KAT-TUN』亀梨和也の〝今後〟について頭を悩ませているという。

    現在、亀梨はフジテレビ系ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』に、二階堂ふみとダブル主演で出演中だ。同ドラマは初回視聴率が7.8%と苦戦。
    その後も7%台にすら乗らず、第2話から第7話までオール6%台。5月30日に放送された第8話は、ついに5%台にまで落ち込んだ。

    「2話目から下降モードに入り、一度も上昇しないドラマも珍しい。これほどだと脚本の失敗、ミスキャストと言われても仕方ないでしょう。内容が面白ければ数字の変動もあるだろうし、キャストが良ければ少しずつ上がることも考えられる。
    どちらもないので、手の施しようがないのでしょう」(テレビ雑誌編集者)

    同ドラマは、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子(二階堂)と、年上部下の巡査部長・菊田和男(亀梨)が主軸になり、難事件解決に挑むというもの。
    姫川は直感だけで危険な捜査を行う無謀刑事。菊田は事件を追うに連れ姫川の優秀さに引かれていく…という展開だ。

    全然“ダブル主演”じゃない

    「ドラマで何より不評なのは亀梨の長髪。
    そしていかにもパリッとしたスーツ。ただのジャニーズで、まるで刑事に見えない。しかも、二階堂演じる姫川について回るだけの〝金魚のフン〟で、いくら年長の部下でも主体性がない。仕事ができないから出世もできない感じ」(ジャニーズライター)

    姫川はひらめきと勘で事件のナゾを暴き、次々とセオリーを無視。

    「結局、菊田役の亀梨には能力がないので、ストーリー上、全面に立てない。常に姫川の命令下なので、ダブル主演に見えないのです。亀梨のファンからも『出番が多いわけじゃないし、ただの脇役』と酷評されています」(同・ライター)

    残り数回となった〝惨敗確実〟の同ドラマに頭を痛めているのが〝亀梨びいき〟のT氏だという。

    「2017年、山下智久の力を借りた主演ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)は、全話の平均視聴率が9.5%だった。
    昨年の『FINAL CUT』(フジテレビ系)は同6.9%。今作『――サーガ』も6%台でしょう。T氏は、亀梨が〝風見鶏〟〝ゴマすり〟と陰口されながらも、自分を立ててくれるのでひいきにしてきた。
    しかし、今回の惨敗はさすがに目をつむるわけにはいかない。もう俳優は断念させるんじゃないですか」(同)

    〝風見鶏〟に〝金魚のフン〟なんて、ジャニーズとしては許されないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1857943/

    2019.06.04 10:32 まいじつ


    【【芸能】ジャニーズの若き幹部タッキーを悩ます亀梨和也のダメ俳優ぶりwww】の続きを読む


    田口 淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 - )は、日本の歌手、タレント、俳優であり、男性アイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー。愛知県名古屋市生まれ、神奈川県相模原市育ち。所属事務所は株式会社Immortal。 1999年にジャニーズ事務所に入所。
    14キロバイト (1,295 語) - 2019年5月23日 (木) 03:09



    (出典 static.blogos.com)



    1 muffin ★ :2019/05/27(月) 19:17:43.28

    https://www.fnn.jp/posts/00418264CX
    2019年5月27日

    *所持の現行犯で逮捕された、人気グループ「KAT-TUN」元メンバーの田口淳之介容疑者(33)が、「10年ほど前から*を使い始めた」と供述していることが新たにわかった。

    田口淳之介容疑者と女優・小嶺麗奈容疑者(38)は22日、東京・世田谷区の自宅で、乾燥*およそ3グラムを所持したとして、厚労省*取締部に現行犯逮捕された。

    2人は、*の使用についても認めているが、田口容疑者が、「10年ほど前から*を使い始めました」と供述していることが、関係者への取材で新たにわかった。

    *取締部は、自宅の捜索で植物片の付着した巻紙の吸い殻を押収していて、くわしく鑑定するとともに、今後は、*の入手経路についても捜査を進める方針。


    【【芸能】田口容疑者「10年ほど前から大麻を使い始めた」 KAT-TUN時代も...】の続きを読む


    KAT-TUN(カトゥーン)は、日本の男性アイドルグループ。所属芸能事務所はジャニーズ事務所。所属レコード会社はジェイ・ストーム。 2001年にデビュー時、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一の6人で結成。グループ名の「KATTUN」はメンバーの名字のイニシャルをつなげており、
    61キロバイト (6,371 語) - 2019年4月6日 (土) 03:50



    (出典 quiizu.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/06(月) 15:23:22.44 ID:U2kYE5v09.net

    16年5月に「充電期間」として活動休止に入っていたKAT-TUNが、昨年1月1日のジャニーズカウントダウンライブをきっかけに再始動し、既に1年4か月が経過した。
    亀梨は現在放送中のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)で二階堂ふみとダブル主演を務め、中丸雄一は『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)で主人公の恋人役を熱演。
    上田竜也も1月クールのドラマ『節約ロック』(日本テレビ系)で主演するなどそれぞれ活躍しているが、実は脱退していった3人のメンバーもそれぞれ順調に活動しているという。

    「10年7月にKAT-TUNを脱退した赤西仁は現在、ミュージシャンとして活動しています。
    ジャニーズ出身ながら男性ファンも多く、現在インスタグラムのフォロワー数は51万超。
    時折垣間見れるプライベートっぽい投稿にも注目が集まっています。
    5月15日にはオリジナルアルバムの発売も控えていますが、その日は亀梨のソロシングル発売日と同じ日付。
    ファンからは『シングル1位を亀梨くんで、アルバム1位を赤西くんにしたい!』『奇跡すぎる!どっちも絶対買う!』といった声が寄せられています」(ドラマライター)

    また、13年9月にKAT-TUNを脱退し、バンド活動を続けていたものの、17年5月に*取締法違反容疑で逮捕される(その後不起訴)騒動を起こした田中聖も音楽活動を続けている。

    「逮捕後、田中が当時結成していたバンド・INKTは解散しましたが、田中自身は同年12月に音楽活動を再開し、その後ソロ歌手として活動しています。
    今年2月から4月に掛けては初の全国ツアーも行い、8月には都内でライブイベントを開催することも発表。過去に捉われず活動しているようです」(同)

    さらに、16年3月に脱退した田口淳之介も枠に捉われない活動を続けている。

    「脱退後、田口は同年9月に活動を再開し、現在も全国ツアーやディナーショーなどを行っています。
    今年4月には自身初となるデジタル写真集を発売し、ファンから反響も呼びました。
    1月から3月に掛けては冠ラジオ番組もありましたが、現在は終了。試行錯誤しつつ、さまざまなジャンルで広く活動しています」(同)

    KAT-TUN現メンバーはもちろん、今後の脱退メンバーたちの活躍にも注目したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16417624/
    2019年5月6日 12時0分 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    Real Face


    【【芸能】相次ぎ脱退していったKAT-TUN元メンバーたちの今は⁈】の続きを読む


    二階堂 ふみ(にかいどう ふみ、1994年9月21日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。沖縄県那覇市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 幼い頃より映画好きの母に連れられて映画館へ足を運び、映画女優を志す。12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol
    46キロバイト (5,587 語) - 2019年4月11日 (木) 14:54



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/12(金) 14:03:05.33 ID:g9UyyZKe9.net

    二階堂ふみと亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)が4月11日にスタートした。
    二階堂、亀梨の演技は高く評価されたものの、竹内結子が主演したかつてのキャストを懐かしむ声が続出。
    「竹内結子の演技にはかなわない」などの感想も多く上がり、この日のツイッターで「竹内結子」がトレンド入りする皮肉な事態となった。

    男性中心の警視庁捜査一課の中で、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川(二階堂)の奮闘を描いた同ドラマ。
    「姫川班」の中で菊田(亀梨)ら部下が年下の姫川を支えながら難事件を解決していく。

    初回で姫川はライバル刑事の勝俣(江口洋介)から妨害を受けながらも捜査を展開。
    公園内のため池周辺で傷だらけの遺体が発見された事件の中で、姫川は鋭い洞察力と〝勘〟を駆使して真相に近づいていく。

    グロテスクな殺人描写や、初回から「姫川班」の仲間が*れるなどハードな展開で、視聴者からは「今の地上波ってここまで見せるんだね」と驚きの声も上がった。

    「竹内結子と西島秀俊のイメージが強過ぎる」
    初回を終えて、

    《二階堂ふみは狂気じみてうまい、江口洋介は普通にうまい》

    との声も上がったが、視聴者は前作に比べてキャストが「若過ぎる」と指摘していた。前作では当時30代前半の竹内や、40代前半の西島秀俊が出演。
    一方今作は、24歳の二階堂、33歳の亀梨が出演し、前と比べてかなり若い。江口が演じた勝俣役も、前作では武田鉄矢が務めていた。

    《二階堂ふみちゃんと亀梨和也さん頑張っているけどパワー不足かな》
    《この2人がダメとかではなく、全体的に年齢が若過ぎるやろ》
    《ストロベリーナイトは竹内結子と西島秀俊のイメージが強過ぎて違和感がハンパない》
    《やっぱストロベリーナイトの姫川&菊田コンビは竹内結子&西島秀俊じゃなきゃ》

    ツイッターでは主演の2人を竹内、西島と比較する声が続出した。

    《違って当たり前だろ。(竹内と西島に)寄せるわけないじゃん》

    とフォローする声もあったが、こうした議論があり、同ドラマの放送時間帯に「竹内結子」がトレンド入りすることとなった。

    タイトルにある『サーガ』は原作者、誉田哲也氏の小説「姫川玲子」シリーズのうちで映像化されていなかった〝外伝的〟な意味があるという。
    前作の印象が強過ぎることは確かなようだが、今後のストーリーで独自色が出せるのか注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1772370/
    2019.04.12 11:07 まいじつ


    【【芸能】二階堂ふみ『ストロベリーナイト』に違和感! 前作主演・竹内結子がまさかの…】の続きを読む

    このページのトップヘ