うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    タグ:マツコデラックス


    マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)であることを自覚
    42キロバイト (5,161 語) - 2019年8月24日 (土) 06:42



    (出典 assets.dentsu-ho.com)



    1 幻の右 ★ :2019/08/27(火) 00:50:19.25 ID:xU012UvP9.net

    「師匠(志村)の口から(テレビ局へ)言ってください。『ギャラ上げろ!』って。喉から血が出るほどしゃべっているのに全然ギャラが上がらない!」

    8月14日に放送された『志村けんのだいじょうぶだぁ たのしい夏休みスペシャル』(フジテレビ系)に出演し、自らの出演料を愚痴ったマツコ・デラックス(46)。

    「大御所・志村さんに泣きつく形で、バブル期に比べ『リーマンショック後にブレークした芸能人は上がり幅が少ない設定になっている』と嘆いていました」(番組関係者)

    レギュラー番組を8本抱える超売れっ子のマツコ。実際そんなにギャラは上がっていないのか――。

    「たしかに05年からレギュラーを務めている『5時に夢中!』(TOKYO MX)は、制作費の都合もあり、ほとんど上がっていません。ですが、マツコさんの番組が高視聴率なのは誰もが認めるところ。その影響で民放キー局のギャラはこの数年で確実に上がりました。現在、日本テレビの人気番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は200万円。テレビ朝日の『マツコ&有吉かりそめ天国』は10月からゴールデン帯に進出することもあり、300万円から400万円にアップします」(制作関係者)

    それだけでも相当な額だが、さらに高額出演料の局があるという。

    「TBSです。深夜枠からゴールデン帯に昇格した『マツコの知らない世界』では現在、500万円を支払っているそうです。MCとして最高峰の明石家さんまさんで300万円ですから、どれだけマツコさんを高く評価しているのか明白です」(テレビ局関係者)

    TBSのギャラがいちばん高いのにはある理由が――。

    「“ドラマのTBS”といわれるように日テレやテレ朝に比べてバラエティ番組の数字が弱いんです。そのため、TBSでは視聴率のとれるバラエティ番組は貴重。冠番組を持つタレントさんには他局よりも高額ギャラを払うようにしています」(芸能事務所関係者)

    この500万円という破格ギャラには、“内訳”があるという。

    「マツコさんのほかの番組では、有名人が共演することが多いです。『ホンマでっか!?TV』ではさんまさん。『月曜から夜ふかし』では関ジャニ∞の村上信五さん。ただ、『マツコの知らない世界』はマツコさんがメイン。そこでギャラは300万円ですが、『事務所協力費』という名目で200万円が追加され、合計500万円になっているんです」(別のテレビ局関係者)

    確かにゴールデン帯となった現在の同番組では、マツコの所属事務所が「企画協力」としてクレジット表記されている。

    「番組がより面白くなるように、事務所サイドも制作に積極的に携わり企画の提案などをしています。ただ、実際には局がマツコさんを確保するためのギャラの上乗せといえます」(前出・制作関係者)

    マツコの所属事務所関係者に、高騰ギャラについて聞くと、「番組によってギャラは違いますし、そんなにギャラはもらっていないですよ」と回答するが……。

    本誌が4年前、マツコのギャラを報じた際は1本30万円だった。

    「当時、マツコさんは“好きな男性タレント”1位に輝き、レギュラー番組が急増する大ブレーク中にもかかわらずこの安さでした。まだ“文化人”枠だったため、ギャラの額は低く抑えられていたんです」(前出・テレビ局関係者)

    女性自身 8/27(火) 0:03
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010001-jisin-ent


    【【芸能】マツコ ギャラが芸能界最高額に!その金額がヤバイwww】の続きを読む


    月曜から夜ふかし』(げつようからふかし)は、日本テレビ系列で2012年4月9日から月曜日の『プラチナイト』枠で放送されているトークバラエティ番組である。 タイトルロゴ上の番組名は『Monday Lateshow 月曜から夜ふかし』。 当初は23:58 -
    37キロバイト (4,511 語) - 2019年7月22日 (月) 16:03



    (出典 www.knb.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/08(木) 21:31:18.64 ID:e/CRcBy+9.net

    8月6日に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の放送内容が、ネット上で批判を浴びている。

    問題となったのは、番組恒例となっている「言われてみれば見たことのないもの」のコーナー。番組はこの日、「言われてみればもったいないもの」と題し、「文句を言いに行った」と企業や市役所を直撃するVTRを放送していった。

    番組がまずヤリ玉に挙げたのは、ホッチキスを製造・販売している会社。ディレクターは「ホッチキスの針を入れ替えたとき、上の部分を固定させるため最初の針が無駄になる」とケンカ腰で同社に挑んでいったが、担当者から「ゆっくりと閉めれば針を打たずに固定できるようになっています」と、手順付きであっさりと論破されてしまった。

    続いて訪れたホームベースの製造所では、「正方形をベース型に切ると資源の無駄が生じる」との難癖をつけたディレクター。しかし、こちらの製造所では金型を使用しているため無駄が生じないようになっており、またも番組は敗北に終わっていく。

    単なる認識不足を〝クレーム〟として放送
    三番目に訪れた市役所では、「長方形からカットする必要があるため、原付バイクに使われている台形のナンバープレートはアルミがもったいない」と担当者にクレームをつけていったディレクター。さらに、ここでは「これまで2連敗している」「やっとここで勝てるかもしれない」などと発言し、前の2社よりも食い下がっていく姿勢を見せていく。

    VTRが終わると、MCのマツコ・デラックスから「作る過程を見たら、あんたの負けだと思うよ」「この部分って空白なわけじゃん、その部分だけ経費削減しているとも言えない?」と指摘され、ここでも一瞬で論破されてしまった。鼻息の荒い〝クレーム〟が単なる認識不足であったことが明らかになり、ネット上には、

    《クソみてーな企画だな。 題材が悪いんじゃなくて企画が気持ち悪い》
    《クソサムいし、取材の態度が癪》
    《クレームつけてたスタッフが失礼過ぎて腹立った》
    《スタッフのクチが悪過ぎて腹が立つー! ロケに行った先の人のことを別のロケ先でアイツらとか呼ぶの良くないですよ》
    《いつも思うけど、このディレクターの偉そうなしゃべり方なんなん? ていうか夜ふかしのスタッフは上から目線の話口調》

    など、取材時の態度も含めて批判する声が続出した。

    かつては番組独自の悪ノリがウケていた同番組だが、今や時代にそぐわなくなっているのかもしれない。



    http://dailynewsonline.jp/article/1956153/
    2019.08.08 17:31 まいじつ


    【【芸能】『月曜から夜ふかし』スタッフの“取材態度”に批判殺到www】の続きを読む


    マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)であることを自覚
    40キロバイト (4,860 語) - 2019年8月10日 (土) 13:26



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 Egg ★ :2019/08/08(木) 09:27:26.19 ID:O69FDlkR9.net

    《あのマツコが共演拒否なんてショック》《すっかり体制側の人間ね》と批判する人たちもいれば、《マツコの意見も一理ある》《確かにあの3人だけじゃ数字が取れないかも》と納得する人たちもいる。

     世論を二分するのは、『週刊文春』(8月8日号)が報じたマツコ・デラックス(46才)の「爆弾発言」。

     先月、ジャニーズ事務所がテレビ局などに、「SMAP」の元メンバー稲垣吾郎(45才)、草なぎ剛(45才)、香取慎吾(42才)を出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が同事務所に「注意」をしていたことが明らかになった。

     文春によれば、実際に元メンバーの起用を見送った番組があるといい、そのうちの1つがマツコが出演する『5時に夢中!』(TOKYO MX)だったという。具体的には、稲垣が出演するプランをマツコの事務所が“妨害”した疑惑があると書き、マツコはそれについて、

    《稲垣吾郎が『5時に夢中!』に入って楽しいと思う? いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう》

     と共演拒否を事実上認めたという報道だった。

     そういった発言に冒頭で紹介したような賛否両論が渦巻いた。

     当のマツコ本人は『週刊女性』(8月20・27日号)で《“圧力”なんてナイと言ったのに、文春の上司が都合いいように書き換えたのよ。ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!》と主張、「吾郎批判」を否定した。

     文春でのコメントは婉曲されたというのがマツコの言い分だが、ここまで“火消し”に力を入れるのも珍しい。

    「サービス精神が旺盛なマツコさんは、直撃取材をされると何でも答えてしまうタイプ。文春の記者にノセられてしまった部分があったのかもしれませんね。今やレギュラー番組を8本も抱える売れっ子で、CM契約も多い。文春を読んだクライアント筋から、問い合わせがあって、反響の大きさに慌てた可能性はあるでしょう」(テレビ局関係者)

     本人以上に騒がしくなっているのがマツコの周囲だ。犯人探しが始まっているという。

    「稲垣さんの話は限られた人しか知らない“社外秘”の話です。文春はかなり詳しい情報を持っていたため、“誰かがマツコを陥れようとして情報を流した”と、マツコさんの周囲は感じて、リーク元を探しているようです」(前出・テレビ局関係者)

     この騒動後、マツコの魅力でもある歯に衣着せぬ物言いが衰えなければいいが…。

    ポストセブン 2019年8月8日 7時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16897337

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】マツコ、稲垣吾郎批判騒動とは?既に犯人探しが始まっているらしいwww】の続きを読む


    有村 藍里(ありむら あいり、1990年8月18日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優である。本名、同じ。旧芸名、新井 ゆうこ(あらい ゆうこ)。 兵庫県出身。所属事務所はアミックエンターテインメント.INCを経て独立、現在は個人事務所「オフィス・アイリ」で活動。妹は女優の有村架純。
    13キロバイト (1,593 語) - 2019年7月4日 (木) 05:11



    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/24(水) 08:59:06.45 ID:u4+nq7GW9.net

     7月17日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に、有村藍里(28)が登場し、「昔よりも顔に覇気があってすてき」「こんなにもかわいくなるんだね!」と絶賛されている。今回取り上げられたテーマは、“整形の気になるギモン徹底解決SP”。スタジオには“目・鼻・肌・豊胸・輪郭形成・脂肪吸引”の名医6人が集結し、出演者たちの整形に関する疑問を解決していくことになった。

     番組冒頭で、ゲストの有村の姿を見たマツコ・デラックス(46)は、「すごいきれい!」と大絶賛。明石家さんま(64)が「骨を6等分(する手術を)してんな?」と聞き、有村の整形ビフォーアフター画像が紹介されると、有村は「頭蓋骨ですね。上あごと下あごと……」と、淡々と状況を説明していた。

     マツコやさんまだけでなく、視聴者たちも有村の姿を大絶賛。「今までテレビに出ていたときは少し悲しそうな表情のことが多かったけど、なんか整形してからすごく明るくなって好印象!」「顔に相当コンプレックスがあったせいか、整形後はイキイキしてて、すてきです」「大々的に変わったってわけではないのに、表情も相まってめちゃくちゃかわいい!」「整形して成功したいい例ですね」「もともとかわいかったけど整形してからもっとかわいくなった」「見た目だけじゃなくて性格も明るくなった」といった声が上がっていた。

     出演していた専門医によれば、有村が受けた“骨切り”の手術は、整形の中でも「一番生死にかかわってくることもある」難しい手術だそうで、有村も手術後1週間は痛みに耐え、その後も鈍痛で「口が1センチも開かない」ため、スプーンでスープなどを飲んで過ごしていたと、苦労を語った。さらに、今後5年ほどはメンテナンスも必要だと明かしていたが、有村の笑顔は明るかった。

     これからもすてきな笑顔を見せてほしい!

    http://dailynewsonline.jp/article/1936442/
    2019.07.24 07:30 日刊大衆


    【【芸能】マツコ、有村藍里を大絶賛!すごい綺麗らしい⁈】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)であることを自覚
    40キロバイト (4,860 語) - 2019年7月11日 (木) 20:53



    (出典 cdn.bg-mania.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/22(月) 19:38:33.69 ID:sk4+F7YF9.net

    吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、闇営業問題で同社から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、東京都内で会見。宮迫と亮への処分を撤回する意向を表明した。

     TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)では、この話題を取り上げた。タレント、マツコ・デラックス(46)は、「何のためにやったのかわからない会見だった。いろんな失敗会見が繰り返される中で、あれでよく出てこられたな。ビックリした」とあきれ顔。「自分たちがどれだけ身を切る覚悟で立ち向かうかという部分が、宮迫さんと亮さんと比べて、状況を何か変えようという気はないのかなと感じた」と斬り捨てた。

    7/22(月) 17:20配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000560-sanspo-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】マツコ・デラックス、吉本興業の岡本社長へ怒り堪えられず…】の続きを読む

    このページのトップヘ