うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    タグ:フジテレビ


    上野 樹里(うえの じゅり、1986年5月25日 - )は、日本の女優。本名、和田 樹里(わだ じゅり、旧姓:上野)。兵庫県加古川市出身。アミューズ所属。 姉が二人で自身は三女で末子。母親を中学時代に病気で亡くしている。姉はDJのDJ SAORI(長姉)、シンガーソングライターの上野
    34キロバイト (4,179 語) - 2019年6月30日 (日) 15:58



    (出典 realsound.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/15(月) 06:19:34.48 ID:C/L7D1h29.net


    (出典 www.dailyshincho.com)


     実に13年ぶりの“月9”主演という上野樹里(33)。7月8日の初回放送は、視聴率13・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)と最高と言っていい滑り出し。

     監察医の娘(上野)がベテラン刑事の父(時任三郎)とともに、遺体の謎を解明していくドラマで、月9らしくない真面目な作り。だが、その一方で、同業者からは「ズルい!」との声も。

     ***

    月9ドラマのどん底から復活まで
     彼女の月9主演は2006年に放送された「のだめカンタービレ」(玉木宏とのW主演)以来という。周りから*と言われるほど型破りだが天才的なピアノの才能を持つヒロインは、上野のキャラそのもの。女優として何でも演じられ、天才の名を欲しいままにした。にもかかわらず、13年も月9主演から遠ざかっていたとは……。

     民放プロデューサーが振り返る。

    「朝ドラ『てるてる家族』(03年度下半期)では、行き詰まるとマンボを踊り出すという、珍妙なヒロインの妹役も自然に演じ、10代から20代半ばまでは、まさに天才的な演技を見せた。しかし、11年に彼女が主演した大河『江~姫たちの戦国~』(NHK)で評判は急降下。NHKも何を考えたのか、主人公の幼少時代に子役を使わず、6歳の少女を当時24歳の彼女に演じさせる無茶ぶり。いくら演技派でもさすがに無理がありました。しかも史実とは大きく異なるストーリーで、“ファンタジー大河”と揶揄される始末。視聴者から批判も殺到。撮影時の彼女のわがままぶりなども報じられるようになり、大河以降はあまり起用されなくなっていました」(同)

     それまで毎年のように取っていた演技賞などからも遠ざかった。久しぶりにその名が挙がったのが昨年放送された山崎賢人主演の「グッド・ドクター」(フジ)。ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞した。

    「コミュニケーションの障害をもつ山崎と違って、ヒロインの彼女はごく普通の医師役でしたが、奇抜なことはやらなくても演技の上手さが光っていました。フジもそれを評価し、今回、主役に起用したのでしょう」(同)

     だからなのか、月9らしくないと思われるほど、生真面目な作りのドラマだ。

    ■5作連続初回二桁の月9ドラマ

    「『のだめ』色は全くありませんね。初回冒頭からBGMも使わず、おちゃらけにはしない固い意志を感じました。上野の父には時任三郎、彼氏役には風間俊介という実直な役者や、中尾明慶や板尾創路、柄本明、三宅弘城など芸達者も揃えて、ヒューマンな物語に仕上げています。初回は大人しすぎると思われるほどでしたが、面白くじっくりと見ることができました。視聴率の良さも納得がいきます」(同)

     月9はここ1年、ようやく復活の兆しを見せてきた。18年1月期の「海月姫」で平均視聴率6・1%という史上ワースト記録を出したのが、18年7月期から5作連続で初回視聴率は2桁となっている。「朝顔」は前作「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の初回12・7%を1・0ポイント上回った。

    (出典 www.dailyshincho.com)


    「だけどね、ちょっとNHKの朝ドラから引っ張ってきすぎじゃないのかなあ。『ちょっとズルい!』と言われてますよ」

     確かに、放送中の「なつぞら」の北海道編でのイケメン吉沢亮の父を演じた戸次重幸は、時任の上司役。ヒロインなつ(広瀬すず)が暮らしているおでん屋の女将で元ダンサーの山口智子は、上野の上司として出演している。

    >>2以降に続きます

    7/15(月) 5:59配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00571801-shincho-ent


    【【芸能】「監察医 朝顔」で帰ってきた上野樹里、好スタートの陰で「ズルい!」の声とは⁈】の続きを読む


    田中 大貴(たなか だいき、1980年4月28日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。 兵庫県小野市出身。兵庫県立小野高等学校(普通科)時代は野球部に所属。2年次から4番に座り、主将も任された3年次は兵庫県大会では春ベスト16、夏(東兵庫大会)ベスト8。対ブラジル選抜戦で
    12キロバイト (1,549 語) - 2019年7月13日 (土) 08:24



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    1 ひかり ★ :2019/07/13(土) 17:23:38.69 ID:mF/Cjq3G9.net

    女性とのトラブルを理由に大手芸能事務所から契約解除された元フジテレビアナウンサーの田中大貴(39)が13日、日刊スポーツの取材に応じ、
    軽率な行動を反省しながら、身の潔白を主張した。

    田中によると、契約解除の発端となったトラブルは6月中旬。仕事先の地方で、SNSでつながる複数の共通の知人がいたことから交流のあった
    20代女性とその友人女性に田中の知人男性が加わり、居酒屋で会食した。女性の門限に遅れないよう、午後6時前から始まった会食は2時間ほどで
    終わったが、泥酔した女性は「酔って帰ったらしかられる」と困惑したため、田中が宿泊するシティホテルの部屋で30分ほど休ませ、同9時すぎに
    帰宅の途に就かせた。

    数日後、女性の母親から事務所に「娘が薬を飲まされ暴力を受けた」などと連絡が入り、事態を重く見た事務所が契約解除に踏み切った。この件は
    11日発売の週刊誌に報じられ、ネット上で拡散。田中は「酔って倒れそうな女性を放っておくわけにいかなかったのですが、部屋に入れたのは軽率でした。
    それでも、乱暴も男女の関係も一切ありません。女性のご家族にも心配かけたことを謝りたいし、直接説明させていただきたいです」と話す。

    家族には自ら説明し、妻を通じて娘が通う学校にも騒動をわびた。多くの知人から「脇の甘さ」を指摘されながら、激励された。
    なくなったレギュラーの仕事はまだないが、「時間をかけて信頼を取り戻したい」と、厳しい立場は覚悟している。14日にはMCアシスタントを
    担当するTOKYO MX「日曜はカラフル!!」(午前11時30分)に出演して、騒動について語る。

    ◆田中大貴(たなか・だいき)1980年(昭55)4月28日、兵庫県生まれ。慶大野球部時代の4年春の6大学リーグで本塁打王(3本)。03年に
    フジテレビに入社。「とくダネ!」「すぽると」などに出演。18年に退社し、フリーアナとして大手芸能事務所に所属。情報番組の他、
    各局で高校野球からプロ野球まで実況中継を務める。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-07130392-nksports-ent


    【【芸能】元フジアナ田中大貴が女性トラブルでクビ】の続きを読む


    北川 悠仁(きたがわ ゆうじん、本名同じ、1977年1月14日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、タレント、漫画家。岩沢厚治と組んだゆずのリーダー。愛称は、「悠仁」「ちゃん」「くん」。 母は宗教法人かむながらのみちの教主北川慈敬。既婚者であり、妻はフリーアナウンサーの高島
    18キロバイト (1,751 語) - 2019年6月22日 (土) 16:25



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/07/04(木) 23:16:15.49 ID:77Wxph1a9.net

    北川悠仁子育て方針で対立離婚危機2019.07.04

    ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! 宗教上の不一致で嫁姑バトル勃発かの画像1
    ゆず・北川悠仁 インスタグラムより


     ゆず・北川悠仁とアナウンサー・高島彩の長女の小学校受験をめぐり、高島と宗教法人「かむながらのみち」の教主を務める北川の母・慈敬さんの間でトラブルが勃発しているという。

     4日発売の「女性セブン」(小学館)によれば、高島が2017年4月から『サタデーステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを始めたことで、嫁姑関係が悪化。さらに、来年から小学生になる長女を小中高一貫教育のカトリック系の女子校に入れたい高島と、自分の教えと異なる宗教系の学校に孫を入れたくない慈敬さんが対立。高島は実家を避けるようになり、受験準備を推し進めているという。

     北川と高島は2011年に「かむながらのみち」の総本山である山梨県の身曾岐神社で挙式を行い、14年に長女を出産。その際、慈敬さんは同宗教の公式サイトで「子どもは親の映し鏡ですよ」「それまで自分のためだけに生きてきた心を入れ替え、この命が少しでも世のため、人のためにお役に立つようにと、自己の心身を捧げる生き方のことです」などと、高島へのメッセージともとれる文章を発表していた。

     「同宗教は夫唱婦随による家庭円満を実践目標に掲げており、慈敬さんは説法のなかで“家庭における女性のあり方”について繰り返すなど、現代では男尊女卑ととられかねない部分も。結婚後の高島は義母の思いに応えようと仕事をセーブしていますが、早くも限界を感じているのかも」(記者)

     総本山である身曾岐神社では、毎年ゆずのライブが行われているが、ゆくゆくは北川が教主を継ぐといわれている。

     「北川が継ぐとなると、妻である高島は義母の教えを守り、数千人の会員に対して家庭の大切さを伝え、見本とならなければならない。そのためには、仕事をきっぱり辞めて家庭に入る必要があるでしょう。高島がそれに耐えられないと判断した時点で、離婚もありえそう」(同)

     現在、2人の娘の子育てをしながら、『サタデーステーション』のキャスターを務めている高島。先の長い結婚生活、姑とうまくやっていけるだろうか?

    https://entamega.com/19646


    【【芸能】ゆず・北川悠仁と妻・高島彩に離婚危機! “宗教上の不一致”⁈】の続きを読む


    皆藤 愛子(かいとう あいこ、1984年1月25日 - )は、日本の女性キャスター、タレント。身長158cm。血液型B型。セント・フォース所属。愛称は「愛ちゃん」。 栃木県生まれ、千葉県四街道市育ち。四街道市立四和小学校卒業。幼い頃からアナウンサーに憧れ、小学校時代は放送委員会に所属。
    22キロバイト (2,893 語) - 2019年6月2日 (日) 05:25



    (出典 brandnew-s.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/06/02(日) 15:21:52.37 ID:9m4xCi1Z9.net

     フリーアナウンサーの皆藤愛子(35)が2日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。フジテレビ入社試験の際、面接官から言われたショックを覚えた一言を明かした。

     小学生時代に国語の朗読の授業でほめられたことで、アナウンサーになることを決意した皆藤アナ。引っ込み思案のために大声を出すことが恥ずかしかったといい、苦手克服のために、東京ドームでアイスモナカの売り子のアルバイトをしたこともあったという。

     そして臨んだフジテレビの入社試験。とんとん拍子に試験を突破していったが、最終一つ前の面接で悪夢が待っていたという。「10人の面接官に対して、私1人で。『アナウンサーに向いてなさそうなのにどうして試験を受けているの?』『そうだよね。一般職の方が向いてるんじゃないの』って」と皆藤。ショックで泣いてしまったといい「最後になにかありますか」と尋ねられても「何もありません」と答えるのが精いっぱいだったとか。

     「その場でも泣いてしまったし、フジテレビのトイレにこもって泣いて、移動して(フジテレビ向かいの)ショッピングセンターのトイレでも泣いて、収まったところで帰りました」と告白。現在は同局番組にも出演し、当時の面接官とも局の廊下で会うというが、「いい方でした。多分(面接で意地悪な役を)演じていたんだろうと思います」と笑って振り返った。

    2019年06月02日 14:53芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/02/kiji/20190602s00041000247000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】皆藤愛子、面接官に言われたショックな一言『アナに向いてない、どうして試験を受けているの?』】の続きを読む


    笠井 信輔(かさい しんすけ、1963年4月12日 - )は、フジテレビアナウンサー。 東京都世田谷区出身。 祖父に劇作家・脚本家の阿木翁助。妻はテレビ東京社員の茅原ますみ。 血液型はA型。身長は170cm、体重は62kg。 町田市立薬師中学校、東京都立狛江高等学校、早稲田大学商学部卒業。1987
    12キロバイト (1,550 語) - 2019年4月25日 (木) 09:25



    (出典 staticx.antenna.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/01(土) 18:56:58.89 ID:ciZ4OGCS9.net

    5月29日に放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)で川崎殺傷事件現場から生中継した笠井信輔アナに非難の声が集まっている。

    笠井アナは事件が起きた、私立カリタス学園のスクールバス乗り場付近に立ち「なぜ、この学校の生徒さん達を襲ったのかいまだに謎に包まれていますが、ひとつ新たにわかったことがあります。それは使われた凶器が刃渡り30センチもある包丁だということです」と両手に凶器に見立てた棒状のものとストップウォッチを手に、警察から発表された「犯行に10数秒しかかけていない」という見解を発表しつつ事件を再現。「こんなにも長い刃物を振りかざして、あちらにカリタス学園のスクールバスの停留場があるんですけど、この30センチの刃物で次々と切りつけていったということなんです」とリポートしたのだ。

    「この再現リポートは、すぐさまネット上で波紋を呼びました。『笠井アナの再現なまなましすぎる』『リアルすぎて気分悪い』『被害者やその家族を配慮してるならこんなことできないはず』『いくら上から再現リポートを求められても人として拒むべき』『こんな再現や検証なんていらない』『笠井さん、もうやめて』といった声が相次いだようです。中には『芸人の近藤春菜のほうが報道の心得をわかってる』『笠井アナは春菜の爪の垢を煎じて飲むべき』など、同日の『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務めるお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が、マスコミの被害者家族らに対する取材姿勢に異論を唱え『今、我々ができることは傷つけないということです』と涙ながらに訴えたことを引き合いに出している声も少なくないようです」(女性誌記者)

    今年でフジテレビ入社32年目の笠井アナ。これらの視聴者の声は、どう響いただろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16550528/
    2019年6月1日 10時14分 アサジョ


    【【芸能】フジテレビ笠井信輔アナ、川崎殺傷事件をあるモノで再現したことに抗議殺到!】の続きを読む

    このページのトップヘ