うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    タグ:パニック障害


    西内 まりや(にしうち まりや、1993年12月24日 - )は、日本のファッションモデル、歌手(シンガーソングライター)、タレント、女優。福岡県福岡市中央区出身。 デビュー以来ライジングプロダクションに所属していたが、2018年3月31日付で退所し、以降はフリーで活動している。
    45キロバイト (5,198 語) - 2019年9月4日 (水) 15:30



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 牛丼 ★ :2020/01/09(木) 17:00:25.17 ID:7xtoAjgr9.net

    「ひとと会うのがつらい」「大勢が集まる場所で動悸がする」「外に出るのが怖い」など……ひとに話しにくい症状に苦しんでいる方々に、エールをお送りしたい。そんな思いから、この対談は実現しました。過去にパニック障害を克服した経験がある西内まりやさんに、精神科医の安田雄一郎先生を交えて心の悲鳴に耳を傾けることの大切さについて語っていただきました。

    パニック障害とは?

    パニック障害を克服した西内まりやさん「勇気を出して、自分の心と向き合う時間を」
    突然起こる動悸、めまい、不安感、胸の圧迫感などの「パニック発作」が長期に渡って起こると「パニック障害」と診断される
    ―パニック障害とは、医学的にどのような状態?

    安田先生:
    突然起こる動悸、めまい、不安感、胸の圧迫感、そういった症状をパニック発作と呼びます。緊張する場面とか、大勢の人がいる場所などで起こることが多いのですが、パニック発作が長期にわたって頻繁に起こって困るとなると、パニック障害と診断されます。

    西内さん:
    パニック発作が連続するとパニック障害に……

    安田先生:
    緊張する必要がないときでも電車の中や楽しむために出かけたライブ会場などでパニック発作が起きるなど、パニック障害になると「広場恐怖」というものに苦しんだりもします。

    ―自覚症状は様々なのでしょうか?

    安田先生:
    動悸とか不安、緊張が強いとかですけど、パニック発作的な症状が出たりとか、うつ病と併発したりとか……。職場に行けない、電車に乗れない、外出しづらいとか、そういった形での症状が多いですね。

    正しい治療を 勇気をだして向き合おう

    パニック障害を克服した西内まりやさん「勇気を出して、自分の心と向き合う時間を」
    「理解してくれる人が少しでもいるだけで、全然違いました」
    ―西内さんの自覚症状はどのようなものでしたか?

    西内さん:
    すごく頑張りすぎちゃう性格だったので、それが結局自分の中の限界を超えちゃうというか、バケツが溢れちゃった時に、パニック発作のような症状が出ました。不安な気持ちになったり、眠れなかったりとか、頻繁に起きていた時期というのはすごく苦しかったです。

    安田先生:
    頑張り過ぎちゃう……そういう方は、多いです。ご自身で対策を練ったのでしょうか?

    西内さん:
    初めはすごく、ネットで調べました。それでメンタルクリニックに行って、診断してもらった時に、すごく安心したんです。先生が理解してくれたことへの安心と、私だけじゃないんだって思えた安心がありました。もらった薬も「お守り」みたいな存在で、心強かったです。

    ―メンタルクリニックに行くことで気持ち的にも変わった?

    西内さん:
    少し客観的に自分を見ることで、楽になりましたね。薬はお守りにして、ポジティブになれる生活を心がけました。

    安田先生:
    薬との距離の取り方が上手だったんだと思います。薬だけで改善するのは難しいので、日光に当たったり、体を動かしたりできると、より良いですから。

    西内さん:
    それと、私は環境を変えて、自分の心と向き合う時間を作ったことがよかったと思います。以前は自分自身が自分を大切にできなくなってしまうところまで頑張りすぎていたので……。誰かのためとか、何かのためにって、自分を後回しにしてました。素直に心が喜ぶ環境作りが私の救世主でしたね。

    安田先生:
    それは素晴らしいことだと思います。

    西内さん:
    あと、運動しました! すごくスッキリするんですよね。最初は運動する気力がわかなかったり、外出自体がつらかったんですけど、このままでいるのは悔しいって思ったんです。

    ―悔しさがバネになったんですね。それで自分にとって大事なものが見えてきた……。

    西内さん:
    はい。朝日を見に行ったり、海の音を聞いたり、川に行ったり、自然と触れ合った時に、忘れていた大切なものをすごい思い出して。頑張ることや、仕事が成功することだけが幸せじゃないな、ここにも幸せあるじゃん、なんで気づかなかったんだろうみたいな。

    安田先生:
    日光照射量が少ないと人間は鬱になりやすくなるので、医学的にも理にかなってますね。だから引きこもるのは良くないんです。

    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00010000-medicald-hlth


    【【芸能】西内まりや、パニック障害だった…克服した過去を語る】の続きを読む


    Magenta。各メンバーの国籍は韓国が5人(ナヨン・ジョンヨン・ジヒョ・ダヒョン・チェヨン)、日本が3人(モモ・サナ・ミナ)、台湾が1人(ツウィ)。 5月5日、JYPエンターテインメント(以下JYP)の新ガールズグループ「TWICE」のメンバーを選考するオーディション番組「SIXTEEN」の放送がスタート。同番組はMnet
    66キロバイト (4,119 語) - 2019年7月10日 (水) 22:54



    (出典 daebak.tokyo)



    1 みつを ★ :2019/07/11(木) 17:31:55.92 ID:WrL35xKt9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000035-cnippou-kr

    TWICEミナ、ワールドツアー不参加「極度の心理的緊張」
    7/11(木) 14:08配信

    韓国ガールズグループTWICE(トゥワイス)のミナが健康問題でワールドツアーに参加しないことになった。

    TWICEの所属事務所JYPエンターテインメント側は11日、ミナのワールドツアー不参加についてコメントを出し、「ミナはステージに立つことに対し、突然の極度の心理的緊張と大きな不安を感じている。まだ正確な診断名は出ていないが、さまざまな専門医療機関を通じて確認中」と明らかにした。

    コメントによると、ミナはメンバーとともに十分な相談を経て、事務所は健康に対する追加的な治療をはじめ専門的な措置と絶対的な安定が必要だと判断した。ミナは最近のスケジュールにも参加しなかった。

    次はJYPエンターテインメント公式コメント全文。

    こんにちは、JYPEです。

    TWICEのメンバー、ミナの健康状態に関してお知らせいたします。現在、ミナはステージに立つことに対し、突然の極度の心理的緊張状態にあり、大きな不安を感じています。まだ正確な診断名は出ていない状態で、さまざまな専門医療機関を通じて確認中です。

    これに対して、ミナ本人およびメンバーと十分な相談を経て、現在、ミナの健康状態に対して追加的な治療をはじめとする専門的な措置と絶対的な安定が必要だと判断し、これを最優先に措置するために下記の日程に参加できなくなったことをお知らせします。

    - TWICE World Tour 2019 ‘TWICELIGHTS’

    アーティストの健康は何より重要なため、所属事務所としてミナの回復のために診療および十分な休息をはじめとするあらゆる方面において最善の措置を取るようにしたいと思っています。できるだけミナが早く回復できるように、ファンの皆さまのあたたかい応援をお願いいたします。

    ありがとうございます。


    【【芸能】TWICEミナ、極度の心理的緊張のためワールドツアー不参加 パニック障害⁈】の続きを読む

    このページのトップヘ