うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    カテゴリ: 映画


    永野 (ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。雑誌『Seventeen』(集英社)専属モデル。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。
    49キロバイト (6,103 語) - 2019年3月3日 (日) 11:14



    (出典 wezz-y.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/21(木) 23:51:08.45 ID:q0LahFRv9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    3月16日~17日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、永野芽郁と北村匠海がW主演した「君は月夜に光り輝く」が初登場で5位にランクインした。

    同作は電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の同名デビュー小説を、大ヒット作「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督のメガホンで映画化した青春純愛映画。

    15日から全国299スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万8000人、興収1億4300万円を記録。
    この数字は17年に公開され、最終興収35.2億円を記録した「君の膵臓をたべたい」の興収比56.7%の成績。興収10億円超えが当面の目標となりそうだという。

    「いわゆる“不治の病もの”で、若者に人気の永野と北村の共演作だったが、関係者の予想を大幅に下回る興行成績だった。
    春休みシーズンで多少は挽回するかもしれないが、2人にそこまで集客力がなかったのは驚き」(映画業界関係者)

    永野は昨年3月に高校を卒業。4月から放送されたNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」が高視聴率を記録し、一躍その名は幅広い世代に知れ渡ったはず。

    朝ドラ後の初出演作となった1月期のドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の最終回は、
    放送された日曜午後10時半のドラマ枠の最高の視聴率を更新。いい流れで主演映画の公開を迎えていたのだが…。

    「売れっ子のティーン誌モデルから女優に転身。周囲の尽力のおかげで、出演作がことごとく当たって来た。
    しかし、いつまでもその勢いが続くことはあり得ず、そろそろ正念場を迎えるはず。
    そこでぶち当たった壁を乗り越えられるかどうかで、今後、女優として生き残れるかが決まるだろう」(芸能記者)

    今後の作品選びが注目される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16195787/
    2019年3月21日 21時0分 リアルライブ


    (出典 eiga.k-img.com)


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 hmayshop.com)



    (出典 Youtube)

    映画『君は月夜に光り輝く』予告①【3月15日(金)公開】


    【【芸能】永野芽郁、主演映画が予想外の低調…そのワケ】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    🐰<川口春奈好きなので代表作一つでもできるといいなあ・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/12(火) 17:15:49.90 ID:XSC1NlKN9.net

    3月1日に公開された、高橋一生と川口春奈のW主演映画「九月の恋と出会うまで」の集客が苦戦している。
    同作は初週から映画ランキングトップ圏外となり、監督がインスタグラムで悲しみの心情を吐露したという。

    「同映画は『書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説』第1位に選ばれた原作を、高橋と川口で実写化したものです。
    しかし、全国248スクリーンで大々的に公開されたものの、フタを開けてみれば圏外スタート。
    この結果に監督は、自身のインスタで『約2年の歳月 100人以上のスタッフ、キャストがその都度全力を振り絞ってようやくお客さんに届き始めた』
    『ここまで数字がついてこないと正直思わなかったから悔しい。。という悲しいというか。。打ちのめされた。。』とコメント。
    さらに初週でトップテン入り出来ない作品は、早々に公開が打ち切られてしまうため『消えたくないよ』と本音を吐露し話題となっています」(映画ライター)

    3月公開の恋愛映画は、「君の膵臓をたべたい」スタッフによる、永野芽郁主演映画「君は月夜に光り輝く」に大きな注目が集まっており、同系統の作品は苦戦が強いられている。
    しかし「九月の恋」の大ゴケ理由は、他の要素も関係している可能性があるという。

    「原作の男女は、27歳で同い年という設定なんです。しかし映画では、実年齢38歳の高橋と、24歳の川口が演じています。
    高橋といえば昨年、女優・森川葵との熱愛がスクープされましたが、15歳も年齢が離れていることで、一部の高橋ファンは『やっぱり若い子がいいのね!』と交際に猛反発する事態となりました。
    すでに2人は破局したという報道もありますが、ファンにとってこの件は悪夢でしかない。
    そのためファンは、14歳下の川口との恋愛が描かれる今回の映画で、スキャンダルを思い出してしまい、客離れの一因となった可能性があります」(芸能記者)

    ドラマ「民王」(テレビ朝日系)、「カルテット」(TBS系)の出演で順調に人気を伸ばしてきた高橋。しかし年下女優との熱愛で潮目が変わってしまったのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1728154/
    2019.03.12 12:00 アサジョ


    【あの熱愛を思い出す?高橋一生&川口春奈の映画「九月の恋」大爆死のワケ・・・】の続きを読む


    九月の恋と出会うまで』(くがつのこいとであうまで)は、松尾由美による恋愛小説。それを原作とした同名映画が2019年に公開。 2004年の夏の事だった。北村志織は旅行代理店で働く27歳のOL。カメラが趣味の志織は現像液の匂いで住んでいたマンションで隣人とトラブルになっていた。ある時、雑貨屋で出会った
    7キロバイト (683 語) - 2019年3月5日 (火) 17:38



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)


    🐰<そもそも恋愛系の映画が流行らない傾向にありますよね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/10(日) 20:13:19.10 ID:FURWB+dq9.net

    3月1日に公開された高橋一生・川口春奈のダブル主演映画『九月の恋と出会うまで』が大コケしている。
    このままでは、2人の役者生命にも影響が出かねない状況だ。

    映画は同名タイトルの恋愛小説を実写化したもの。川口はとあるマンションに引っ越してきた北村志織を演じ、高橋演じる平野進と〝タイムパラドックス〟に翻弄されながら愛を育てていく。

    上映館数は全国248スクリーンとなかなかの規模な上、2人はプロモーションに多数のテレビ番組へ出演。
    土日2日間を対象とした「週末興行ランキング」のトップ10入りは確実視されていたが、フタを開けると11位という〝圏外〟に終わってしまった。

    この苦戦ぶりは、同ランキング9位の『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』が上映館数251とほぼ同数な上、公開4週目であることを踏まえればより際立つだろう。

    「子役のころから数多くの作品に出演していた高橋ですが、主役を張るようになったのはここ数年のこと。
    2016年ごろから突如として人気が上昇し、30代後半にして脇役メインだった状況を一変させました。
    しかし昨年、ゴールデン・プライムタイム初主演の連ドラとなった『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が平均視聴率6.5%と大爆死。
    ようやくつかんだ主演のポジションも、『器ではなかった』と疑問視され始めています」(テレビ誌記者)

    そもそも無謀?「実は不人気」な2人

    しかし、映画大コケの責任は高橋だけにあるのではない。
    ダブル主演という形でパートナーを務めた川口は、13年に主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で
    「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という空前絶後の珍記録を樹立。
    メディア露出の多さと反比例した需要の低さは明らかで、起用の段階から失敗が約束されていたとさえ言えるだろう。

    そして、今回の映画が大コケしたことにより、両者の〝実人気〟のごまかしも限界に達したようで…。

    「『九月の――』の〝逆ロケットスタート〟により、高橋と川口の〝虚像〟が白日の下に晒されましたね。
    2人ともメディアでは〝人気者〟として扱われていますが、周知の通りドラマの結果は散々。
    そもそも主演作を爆死させた2人を組ませる発想自体がナンセンスですが、今回の大コケにより、不人気さは隠しきれない段階にまで達したと言えるでしょう」(エンタメ雑誌編集)

    若くして「史上最低視聴率」の称号を手にした川口と、40手前でようやく主演クラスまで上り詰めた高橋。
    いずれも没落していくのは気の毒な境遇だが、果たして今後のキャリアやいかに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725860/
    2019.03.10 19:01 まいじ


    【高橋一生・川口春奈タッグ映画が大コケ! 数字のない2人に業界は…?】の続きを読む


    カメラを止めるな!』(カメラをとめるな!)は、2017年製作、公開の日本映画。監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。2017年11月に先行公開。その後、国内及び海外の映画賞を数々受賞し、2018年6月に日本国内で凱旋上映を行った。監督・上田慎一郎にとっては初の劇場長編作品。略称は「カメ止め」。
    92キロバイト (9,481 語) - 2019年3月8日 (金) 23:12



    (出典 prtimes.jp)


    🐰<人気だけで見るとカメラを止めるな!で十分賞がとれるきがしましたが、色々と事情があるのですね。。結構悪い評価を言う人もいますがそれも人気の証ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/09(土) 07:37:33.11 ID:Nlxr8jWT9.net

    2018年最大の話題作となった映画『カメラを止めるな!』。

    わずか300万円の製作費の映画が、SNSを中心に話題を呼び大ヒット。最終的には224万人動員、興行収入30億円という、まさに奇跡の作品となった。

    3月8日には『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で地上波初放送となったが、こちらも異例づくめ。冒頭のワンカット40分のシーンがノーカット放送という構成となった。

    「やはり、そうして特別に扱われる作品ということ。テレビ局の敬意の表れかもしれませんね」(映画誌記者)

    その一方で、『カメ止め』が不当に扱われた、と囁かれているのが、3月1日に発表された日本アカデミー賞だ。

    「各賞を総なめにしたのは、是枝裕和監督の『万引き家族』。カンヌで受賞し、米アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた
    素晴らしい作品であることは間違いないのですが、『カメ止め』の扱いはあまりにも不当でした」(スポーツ紙記者)

    最終結果は、主要13部門のうち『万引き家族』が8部門で受賞し、『カメ止め』は編集賞1部門のみの受賞にとどまった。

    「話題性も動員も群を抜いていたのにね。でも、こうした超低予算映画が認められると今後お金が集まりにくくなる、という付度や、
    知名度のある俳優・女優が受賞しないとメディアで報道されない、という不安から『カメ止め』がいわば無視される形になったんでしょう。
    結局、大手の配給会社や大物俳優、事務所に配慮したアンフェアさが浮き彫りになりましたね」(夕刊紙デスク)

    今回、助演女優賞を受賞したのは、昨年9月15日に逝去した樹木希林さん(『万引き家族』)だった。

    「希林さんと日本アカデミー賞といえば、語り草なのが07年の『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で主演女優賞を受賞した際のスピーチ。

    壇上の希林さんは“私が審査員なら違う作品を選んでいました”“賞をいただいてしまって申し訳ない”しまいには“組織票”といいたい放題。
    それがテレビで中継されたわけですから、関係者は凍りついたでしょうね」(前出の映画誌記者)

    ちなみに、この年も他の賞レースで圧倒的に評価されていた『それでもボクはやってない』は助演女優賞、美術賞、編集賞の受賞にとどまり、ほとんどの部門で『東京タワー』が受賞していた。

    のちに、樹木さんはこの“ド本音”発言について雑誌『hon-nin』の吉田豪氏のインタビューで、「リリー(・フランキー)さんの原作はホントに名作だと思う」と述べ、
    松尾スズキ氏の脚本についても「爆笑につぐ爆笑の平成の名作ができるはずだったのよ!」と語っている。
    そして最後には、「だから私は監督に『あのね、どこかであんたが刺されて*だら、犯人は私だから』って言ったの」(前掲書)

    今年も日本アカデミー賞を受賞した樹木希林さん。もし壇上に立っていたら、今回の“『カメ止め』スルー”にも激怒したのかも?

    http://dailynewsonline.jp/article/1723263/
    2019.03.08 21:30 日刊大衆

    前スレ 2019/03/08(金) 22:17
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552051029/


    【『カメラを止めるな!』日本アカデミー賞スルーとなったその裏側とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ