うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    カテゴリ: ドラマ


    常盤 貴子(ときわ たかこ、1972年4月30日 - )は、日本の女優。神奈川県横浜市生まれ、兵庫県西宮市育ち。身長162cm、血液型はA型。スターダストプロモーション所属。 西宮市立春風小学校、西宮市立上甲子園中学校、西宮市立西宮東高等学校、駒沢学園女子高等学校を経て、関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)卒業。
    34キロバイト (4,150 語) - 2019年3月23日 (土) 07:54



    (出典 vod-like.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/30(土) 12:22:30.58 ID:9F2NjaVP9.net

    2019年1月期のドラマが軒並み最終回を迎えた。今クールで最も話題になったのは、間違いなく菅田将暉主演の『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)だろう。
    賛否両論ありながらも視聴率は回を重ねるごとに上昇し、最終回では15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録。
    出演した永野芽郁、上白石萌歌、今田美桜、福原遥、富田望生などの若手女優も、おしなべて高い評価を得ることになった。

    一方で、今期のドラマ出演で評価を落としてしまった人も。

    まずは、月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)に出演した船越英一郎。ドラマ序盤は、横暴でケンカっ早い警察官役を演じた船越を批判する声が続出する事態に。
    ドラマが進むにつれて落ち着き、優しさも見せたことで役に対する批判は静まっていったのだが、それでも、

    《船越英一郎の演技って何か見てて痛々しい》
    《船越英一郎演技クサ過ぎ、うるさいし、なんか無理》
    《船越さんの演技がオーバー過ぎる…》

    など、抵抗を示す視聴者が続出。〝サスペンスの帝王〟である船越だが、若者にはあまり良さが伝わらなかったようだ。

    手堅くいっても数字が取れない
    『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)で主演を務めた竹内結子も評価が落ちてしまった。
    ドラマが放送された「木曜劇場枠」は視聴率が取れない鬼門といわれているが、竹内もそのジンクスを覆すことができないまま撃沈。視聴率は6%台をさまよい、盛り上がることがないまま終わっている。

    「特に厳しかったのは、鉄板の“弁護士もの“で数字が取れなかったことですね。
    安パイで手堅くいったのに、数字が取れずに終わるのは一番恥ずかしいパターン。竹内の経歴に泥がついてしまいました」(芸能記者)

    最後は『グッドワイフ』(TBS系)に出演した常盤貴子。日曜劇場の主演という大舞台を用意されたのだが、全話通して視聴率二けた割れの平均9.7%。前番組の『下町ロケット』から大きく下げることになった。

    「『グッドワイフ』はストーリー自体は好評でしたが、数字が取れませんでした。
    この状況だと、問題視されるのは主演の注目度。常盤が“数字を持っていない”と結論付けられても、何も言い返すことができません」(同・記者)

    次回作では、名誉挽回の活躍に期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1752302/
    2019.03.30 11:02 まいじつ


    【【芸能】1月期ドラマで『評価ガタ落ち』の大物俳優3人!】の続きを読む


    砂の器』(すなうつわ)は、松本清張長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 都会
    65キロバイト (8,627 語) - 2019年3月29日 (金) 04:06



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 o(^・-・^)o ★ :2019/03/29(金) 12:04:49.27 ID:xBE+Ug8Z9.net

    3月28日、松本清張原作の名作ドラマ『砂の器』が、フジテレビ系列でまたしてもリメイク放送される。
    しかも今作はキャスティング権をジャニーズ事務所が完全に掌握したかのような布陣だ。

    『砂の器』がテレビドラマ化されるのは今回で6回目。原作の時代設定は昭和だが、今回は2018年の渋谷に舞台を移した。
    ものがたりは、ハロウィン当日の渋谷駅の裏で中年男性の遺体が発見されるところから始まり、
    犯人を追う刑事役を東山紀之、犯人で天才作曲家・和賀役をSexy Zoneの中島健人が演じる。

    中島が演じる「和賀英良」は複雑な過去を持つ青年であり、演技力が必要とされる役だ。過去には、田村正和や佐藤浩市、中居正広、佐々木蔵之介らがその役を演じてきた。

    まだ若手ジャニーズアイドルの域を出ない中島健人の起用には、「中島健人には難しすぎる」と心配の声も大きい。

    中島健人が主演のドラマ・映画は数字面で惨敗

    中島健人は立て続けにドラマ・映画の主演を務めているが、数字面では苦戦を強いられている。
    昨年10~12月放送の連続ドラマ『ドロ刑 警視庁捜査三課』(日本テレビ系)の全話平均視聴率は8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で二桁に届かず、
    同年12月に公開された主演映画『ニセコイ』も、初週の全国映画動員ランキング(興行通信社発表)は9位で“爆死”と揶揄されるほどだった。

    中島健人はまだ20代半ばという年齢から演技経験も浅く、お茶の間では俳優というよりも“アイドル”のイメージが強い。
    重厚なこの作品への出演は大きな転機となる可能性もある。
    親しみやすさは随一で、ネットでは「難しい役だけど中島健人には頑張って欲しい」というエールも少なくない。

    普段の中島は “王子様キャラ”であり、バラエティ番組では機転の利いた返しで笑いを誘っている。
    グループのメンバーやスタッフからも「気遣いができる」「優しい」と評判もよく、彼自身の魅力に惹かれる人は多いようだ。

    一方、和賀の愛人役を演じる土屋太鳳にも逆風は強い。

    土屋太鳳は未だに“高校生”のイメージ強く

    土屋太鳳が演じる女性「成瀬梨絵子」はバーテンダーで、客として店に訪れた和賀と恋におちる。

    和賀は婚約者がいながらも心は梨絵子の元にあり、殺人を*た当日も彼女のマンションに駆け込んでくる。
    梨絵子は和賀と結ばれることはないと知りながらも彼の手助けをするという、これまた難しい役だ。中島健人とのベッドシーンもあるという。

    土屋といえば青春ラ*トーリー映画の常連。昨年も『となりの怪物くん』『春待つ僕ら』に主演し、女高生役を演じた。
    2017年公開の主演映画も4本中2本が女子高生役で、役柄も清楚や真面目、天真爛漫といった役が多く、『砂の器』の愛人役とはほど遠い。
    なお、昨年公開の映画『累』では、美しい顔を持ちながらスランプに陥る女優役を演じたが、“女子高生女優”のイメージを覆すほどの話題にはならなかったようだ。

    名作でありファンも多い『砂の器』。中島健人、土屋太鳳も相当なプレッシャーを抱えて撮影に臨んだことだろうが、どのような評価となるだろうか。
    ちなみにこの春の番組改編期、フジテレビはヒットコンテンツ『大奥』のスペシャルドラマも25日に放送したが、平均視聴率は6.9%だった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1750725/
    2019.03.29 06:05 wezzy

    前スレ
    【芸能】名作『砂の器』が“ジャニーズドラマ”に…中島健人と土屋太鳳の抜擢も「実力不足」の声
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553817048/


    【【芸能】名作『砂の器』が“ジャニーズドラマ”に…だれが演じる⁈】の続きを読む


    9(げつく、げっく)は、毎週月曜日21時(夜9時)に放送される(された)ドラマ枠。 『9』とは『月曜9時』の略で、この時間枠のテレビドラマのこと。 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ(フジテレビ、1962年 - ) TBS月曜9時枠の連続ドラマ(TBSテレビ、1987年 - 1989年) ファミリー劇場(日本テレビ、1970年
    2キロバイト (228 語) - 2018年5月2日 (水) 12:28



    (出典 makiya22.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/21(木) 23:48:08.53 ID:q0LahFRv9.net

    「平成の前半に当たる'90年代、ドラマといえばフジテレビ、もしくは月9と言われてきました」

    かつての主人公は「お金をかけながら恋愛していた」

    そう話すのは、元テレビプロデューサーで上智大学の碓井広義教授。当時は『101回目のプロポーズ』『東京ラ*トーリー』(ともに'91年)など、タイトルどおりの恋愛ドラマが花盛り。同志社女子大学メディア創造学科の影山貴彦教授は、

    「まだバブルの時代。ヒロインは20歳そこそこのOLなのに、都心部の高級マンションに住み、華やかな生活を送っていた。
    の時代なら違和感、嫌悪感を持たれるはずですが、当時はみんなが憧れの眼差しで見ていました」

    と指摘。人々がシンプルなものをストレートに享受していたと話す。

    「あのころのドラマの主人公は“いつ仕事してるの?”というくらい、恋愛に時間とエネルギーを注いでいました。ドラマ内外の誰もが心や懐に余裕があって、見栄を張ったり、背伸びをしたり。
    お金をかけながら恋愛をしていました。それができた時代でしたね」(碓井教授、以下同)

    しかし、'91年にバブルがはじけ景気は急降下、日本経済は暗転する。

    「ただ、一般の人の生活に影響が出るまでにはタイムラグがあった。不況がドラマにわかりやすく表れるようになった作品といえば『家なき子』('94年、日テレ土9)でしょう」

    小学生だった安達祐実が叫ぶ“同情するなら金をくれ”は、流行語に。

    「『ひとつ屋根の下』('93年、フジ月9)にしろ『人間・失格~たとえばぼくが*だら』('94年、TBS金10)にしろ、苦みがあって、ゲラゲラ笑って見られるような作品ではない。
    恋愛ドラマも『愛していると言ってくれ』('95年、TBS金10)『星の金貨』('95年、日テレ水10)など、明るく元気な恋愛ではありません」

    常識や概念が変わっていった

    ヒット作には、フジテレビの月9だけでなく、TBSや日本テレビが違う角度からアプローチした作品も混ざるように。主要ドラマはほぼ視聴しているというライターの吉田潮さんは、こう分析する。

    「平成前期のテーマは“男女関係の絶望”じゃないですか? 恋人や夫婦間のもろさ、結婚したからといって必ずしも幸せにならないというメッセージ性のある作品が目立ちます。
    不倫ブームの火つけ役は『失楽園』('97年、日テレ月10)。意欲作、問題作も多く'93年なんて『悪魔のKISS』(フジ水9)『高校教師』(TBS金10)『誰にも言えない』(TBS金10)『同窓会』(日テレ水10)。もう、カオスですよ(笑)」

    '95年には阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件という歴史的な出来事が相次いで発生。

    「科学技術では抑えられない自然の脅威。人間がやるはずがないことを、実際にやったという恐ろしさ。常識や概念がひっくり返り、日本人の意識下をじわじわと変えていったんです」(碓井教授、以下同)

    だが、フジの月9は変わらず『ラブジェネレーション』('97)のような恋愛ドラマを量産し続ける。

    「視聴者は明るい月9の恋愛ドラマを、もう『東京ラ*トーリー』のころと同じ気持ちでは見られなくなっていたはず。実際、習慣や惰性で見ていたのでは? 
    しかしフジは“まだ行ける”と突き進み、時代の空気とズレてしまった。そこが成功体験の怖さであり、フジのドラマが最盛期から下っていった背景だと思います」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16195886/
    2019年3月21日 21時0分 週刊女性PRIME


    【【芸能】花形だったフジの月9が失墜した本当の理由…】の続きを読む


    まんぷく』は、NHK大阪放送局制作で2018年10月1日 - 2019年3月30日(平成30年度後期)にNHKで放送中の第99作目の連続テレビ小説。 2017年11月14日に制作発表が行われ、インスタントラーメンを生み出した日清食品(現在の法人格としては日清食品ホールディングス)創業者の安藤百福と
    99キロバイト (14,252 語) - 2019年3月2日 (土) 04:54



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    🐰<最終回までには評価をあげたいところですね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/02(土) 13:49:42.12 ID:dE2TnXvj9.net

    従来の朝ドラといえば、ヒロインが活躍する女性主軸の物語だ。しかし、現在放送中の『まんぷく』では、女性が足を引っ張ってばかり。
    視聴者からは「腹たつわー 女がバカな役回りじゃん」と批判が続出している。

    「女性の扱いが悪くなり始めたのは、終盤であるここ最近。序盤から中盤にかけては、
    働く男性キャラをサポートする女神のような存在でしたが、いつの間にか愚痴を言うだけに…」(テレビ誌記者)

    もともと口うるさい女性キャラとして、今井鈴(松坂慶子)がいた。彼女は何かと文句を言う典型的な姑キャラだが、一周回ってマスコットキャラのような存在としての立場を確立。
    鈴のウザさは、ネタとして多くの視聴者に受け入れられている。

    「問題なのは、ヒロインの福子(安藤サクラ)、姉の克子(松下奈緒)、克子の娘・タカ(岸井ゆきの)です。タカは子供が生まれてから性格が豹変。
    仕事で忙しい夫の茂(瀬戸康史)に構ってもらえないとスネてしまい、終始、茂の足を引っ張っていました」(同・記者)

    説明しておくと、茂は本当に仕事に打ち込んでいるだけ。浮気をしているわけでもなければ、飲み歩いてもいない。タカに対しても極めて優しく振る舞っている。


    「タカのわがままぶりに、視聴者はイライラを募らせていましたが、その矢先、なんと克子が茂を叱りつけたのです。
    ネット上では、『え、タカの味方するの?』『これで怒られるのは茂さんがかわいそうでしかない』『タカを諭す展開になると思ったのだが…』
    と動揺の声が続出。タカと克子は嫌われキャラに変貌しました」(同)


    イライラするヒロイン・福子
    そして福子。序盤は明るいキャラで人気を博したが、最近は「イライラする」という声が多い。

    「物語を通して、福子は夫で発明家の萬平(長谷川博己)を応援するだけ。結局彼女は、ただの〝萬平信者〟でした。
    一方で、苦労の末に開発した即席ラーメンがパクられ、怒る萬平を見ると嫌な顔を浮かべたことも。
    彼女は〝萬平信者〟であると同時に、〝私の理想の萬平さん〟じゃなければ納得しない性格だったのです。

    萬平の苦労を間近で見ているのに、どうして発明品をパクられて怒る萬平に理解を示さないのでしょうか…」(同)

    福子は、即席ラーメンの粗悪コピー商品が世間に出回っていることに対して、「(大元を開発した)萬平さんに責任がある」とまで言い出した。
    苦労して開発した商品がやっと世間に認められ、もうけに走ろうとカジを切った萬平には、「今の萬平さんは嫌い」と突き放している。

    女性へのヘイトを生み出し続けている『まんぷく』。残り1カ月だが、挽回するストーリーはあるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1713997/
    2019.03.02 10:56 まいじつ


    【『まんぷく』のイライラ展開に視聴者怒り心頭!その内容とは?】の続きを読む



    (出典 shinzanmono-movie.jp)


    🐰<ドラマ見ていませんが・・・たびたびニュースで話題になっていますね!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/24(日) 08:17:21.03 ID:HQjZ5JHE9.net

    ●「菅田将暉の演技がすごすぎて釘付け」

    1月スタートの冬ドラマもいよいよ終盤戦に突入。視聴率では沢村一樹主演の『刑事ゼロ』(テレビ朝日系)が安定した視聴率でトップに立っているが、
    視聴者の“満足度”という点ではどうだろうか。この視点で、冬ドラマの盛り上がりを探っていく。

    ●「テレビ視聴しつ」満足度調査概要

    ・対象局:NHK Eテレを除く地上波6局(NHK総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)

    ・サンプル数:関東1都6県、男性480+女性480=計960

    ・サンプル年齢構成:「10~19歳」「20~34歳」「35~49歳」「50~79歳」各年代男女120サンプル

    ・調査方法:朝帯からゴールデン・プライム帯のレギュラー番組について月に1度、満足度と感想を収集するウェブ調査

    ・採点方法:最高点「5」、最低点「1」の5段階評価

    ○連続性のあるストーリーが魅了

    テレビの視聴状況を独自に調査している「テレビ視聴しつ」(eight社)によると、1月度の月間満足度調査ドラマ部門(NHK朝ドラ~23時台の深夜ドラマ)
    でトップだったのは、菅田将暉主演の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)で4.09(5段階評価)。
    1月スタートの調査対象ドラマ19作品の中で、唯一4ポイントオーバーの高数値を記録している。

    特に10代の支持が高く、ティーン層の満足度は4.18で、ここでも4ポイントオーバーは今作のみ。
    その10代視聴者の感想を見てみると、「菅田将暉の演技がすごすぎて釘付け。
    生徒役の皆も流行りの人達が多く使われていて楽しい」(18歳女性)、「大好きで毎週見てます!先生の生徒に必死に語りかけているところが凄く好きで生徒と自分を照らし合わせて見てます!」(13歳女性)、
    「毎週楽しみです! まさかの展開や先が読めないストーリーが面白い! 周りの友達もほとんど見てる!」(14歳女性)など、
    旬ぞろいのキャスティングや、同年代がより共感できる学園ドラマ、そして1話完結のドラマが多い今クールで、毎週見逃せない連続性のあるストーリーが視聴者を魅了しているようだ。

    また、親世代からも「セリフひとつひとつが心に残ります。真剣に見入ってしまいます」(59歳女性)、
    「子どもにもしっかり見せたい大切な番組。たくさんの学びがある」(40歳女性)など高評価で、全世代を巻き込んだヒット作の予感だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16066793/
    2019年2月24日 7時0分 マイナビニュース


    【『3年A組』冬ドラマ満足度1位と圧倒的な支持率!その理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ