うさこにゅうす

最新の芸能エンタメニュースやその他話題になっているニュースを毎日お届けします(^^)/

    カテゴリ:芸能 > 女優


    本田 (ほんだ つばさ、1992年6月27日 - )は、日本のファッションモデル、女優。東京都出身。スターダストプロモーション所属。 2006年に、当時の所属事務所であったスプラッシュから、それぞれ別々の7人によってスカウトされる。2006年にファッション雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルとし
    43キロバイト (5,581 語) - 2019年7月14日 (日) 13:53



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/17(水) 07:40:21.66 ID:FAMv6/ts9.net

    女優の本田翼(27歳)が、7月16日に放送されたバラエティ番組「バナナマンのドライ*リー」(テレビ朝日系)に出演。「どんな人と結婚したい?」という質問に答えた。

    バナナマンから「山ちゃん2号みたいな人と結婚して欲しい」「お笑い芸人さんはどう?」とたずねられると、
    本田は「バラエティ番組とかでしかご一緒したことがないので、どうって言われてもわからない」と回答。

    同業者との結婚について、本田は「できれば芸能人以外がいい」と答えたが、バナナマンから「そんなこと言って、もしバリバリの役者さんと結婚したとしたら、ウソばっかじゃないかってなる」と言われると、
    本田は「それは『あーっ!』てなった人かもしれないです。『あーっ!』て」と、驚くような出会いがあれば結婚する可能性もあると答えた。

    また、本田は現在懸念していることとして、結婚相手が本田の持っているお金に目がくらんで「変に裕福な暮らしをしたがる。それはダメです」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16784402/
    2019年7月17日 7時27分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】本田翼が結婚したい相手でNGな条件を明かすw】の続きを読む


    土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。 東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
    79キロバイト (10,324 語) - 2019年7月13日 (土) 01:39



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/16(火) 10:52:13.81 ID:0Zbp0ijs9.net

    女優の土屋太鳳(24)が、自身の顔に抱く劣等感について語った。

    土屋は15日、インスタグラムを更新。10日にオープンした自身の公式サイトについて
    「まず、新しい宣材写真含め ウェブサイトのための写真を撮るところからチームを組んでいただいて、
    私が今までCMや取材などでお世話になったカメラマンのかた、スタイリストさん、ヘアメイクさん、
    皆さんの魔法のようなテクニックでいろいろな土屋太鳳を引き出していただいたし 演じたり刻んだりすることが出来ました」と制作期間を振り返った。

    膨大な写真の中から掲載するものが選ばれたが、「選んでもらった写真の中には もし自分だけで選んだとしたら勇気がなくて選べなかっただろうな、
    と思うような私のコンプレックスを真正面からとらえるような写真もありました」という。

    「なぜこの写真が選ばれたんだろう、と聞くと 心に引っ掛かるから、という答えをいただいて。
    そのときに、子どもの頃、生まれてはじめて参加したCMのお仕事で笑福亭鶴瓶さんとご一緒した時にすごく感じた、『いい顔』の正体のことを思い出しました」とつづった。

    「私は正直、自分の顔にはコンプレックスがあります」という土屋だが、「こうだったらな、こうなりたいな、と思うことはたくさんあるけれど、
    でもそのコンプレックスを引っ掛かるちからに変えてくれたこの写真と選んでくださった人の愛情に心からの感謝をこめてパソコン版での初代トップページはこの写真となりました」と、
    その写真を披露し、「写真は少しずつ新しくなっていくので その変化も楽しんでいただけたらと思います」とつづった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16779169/
    2019年7月16日 9時35分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 i.daily.jp)

    h
    (出典 imgc.eximg.jp)
    &t=jpeg


    【【芸能】土屋太鳳、自分の顔にはコンプレックスがあると告白もどの部分?】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,040 語) - 2019年7月9日 (火) 13:39



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 22:23:57.57 ID:H8FtV8Ln9.net

     9日スタートのドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主役を務める女優の石原さとみに、破局報道が飛び込んできた。

     昨年5月に、SHOWROOM社長・前田裕二氏との交際を『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた石原。同年9月には、前田氏と同じマンションに8月に引っ越したことをスッパ抜かれ、その後は多忙同士、束の間の時間をともに過ごしていたようだ。

     今年1月時点で、2人は結婚に向けて着々と準備を進めていたとされ、近頃は“独身最後の主演ドラマ”と揶揄されていたのが一転、すでに2人は別々の道を歩み始めたようだ。

     石原というと、2002年の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』でのグランプリ受賞を経て本格的に女優活動を開始。同オーディション以前から芸能活動を始めていた石原は、すでに映画にも出演経験があった。

     その後の著しい活躍が実を結び、2003年の下半期のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインに。さらに、同年公開の映画『わたしのグランパ』では報知映画賞新人賞を始めとする名だたる数々の賞を受賞し、全国区に名を知らしめた。だが、すぐさまスポットライトを浴びた訳ではない。女優として、もう一花咲かせようと、迷走していた時期がある。

     石原の転機は、2014年の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)。主演を務めた嵐・松本潤が想いを寄せる最強天然系小悪魔女子役に抜擢され、ハマり役と絶賛された。これをきっかけに、小悪魔役なら石原の右に出るものはいない、と評判に。石原は太かった眉毛をモテ系に変え、唇も強調するなど、メイクの変化とキャラクターの相乗効果で、その美貌を不動のものにし、オファーも増えていったようだ。そこから演技の幅を広げて様々な役をこなすようになり、主演級女優へと前進していった。

     しかし、転機前の迷走期には、他の路線にも挑戦。2008年、石原主演のドラマ『パズル』(テレビ朝日系)は、石原のイメージを覆した役柄だった。この作品をきっかけに目指していたであろう、“石原の方向性”が的外れとなり、「黒歴史」とされている。

     「同ドラマは、学校を舞台にした殺人事件の解決に導く推理コメディードラマ。シナリオは大ヒット作品『トリック』(テレビ朝日系)で知られる脚本家・蒔田光治氏のオリジナルストーリーということもあり、注目を集めていました。不気味なエンドロールに、荒唐無稽な土俗趣味といい、あえて『トリック』そっくりに作ったようですが、違いはズバリ、石原。コミカルな役をこなすには演技が暗すぎたようで、『トリック』の仲間由紀恵のようなコメディー演技は向いていなかったのでしょう」(ドラマ関係者)

     また、当時21歳だった石原だが、「性格の悪い三十路女」という設定にも無理がある上、作品の内容にも問題があったと言われた。演技の暗さから“性格の悪い”という人物設定には当てはまる石原だったが、“札付き”感に苦戦したようだ。石原なりのスパイスを加味したのだが、お門違いと酷評を集めてしまったという。

     「“若く見えるが教師歴10年のベテラン”という設定で、普段は猫を被り表向きは清楚でしとやかに振舞うために、男性陣からの評価は極めて高いのだが、本性は傲慢でがめつく、手癖も素行も悪くセコい上に金と食い物には目がなく、男性に対しては、容姿よりも資産や利用価値を最優先するという役柄。この難役に当時の石原が演じると、無表情でただの不機嫌な女が、早口で“ボソボソ”得意げになって喋っているだけで、役柄の“ワル”さ感が視聴者には伝わらず、“不快”で仕方なかったなどと言われ放題だった」(ドラマ関係者)

     その後、数々の作品に挑戦し続けた石原は、“かわいい”や“高飛車”役がどハマりと絶賛されるまでに成長した。そして、『Heaven?』での“一皮むけた”演技にも注目していきたい。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16773535/
    2019年7月14日 20時0分 リアルライブ


    【【芸能】石原さとみの迷走作品?“ぶりっ子”覚醒前の痛いキャラとはwww】の続きを読む


    藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。本名は片岡 紀香(かたおか のりか)。 兵庫県西宮市出身。西宮市立生瀬小学校、親和中学校・親和女子高等学校、神戸親和女子大学文学部英米文学科中退。高輪エージェンシー→バーニングプロダクション→サムデイ所属。
    41キロバイト (5,450 語) - 2019年7月4日 (木) 11:07



    (出典 img.jisin.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/16(火) 11:37:16.38 ID:0Zbp0ijs9.net

    女優の藤原紀香が7月10日、自身のオフィシャブログを更新。
    私服を紹介し、〝アラフィフ〟とは思えない美脚に称賛の声が続出した一方で、〝ぽっこり腹〟にも注目が集まっている。

    この日、藤原は《先日の七夕、久留米ロケで、いろんなところを巡りました》と、福岡件久留米市を訪れたことを報告。

    そして、自慢の美脚を見せつけるかのような大胆な私服を紹介した
    《マイケルコースのトップス ユナイテッドヌードのサンダル エミリオプッチのバッグ 
    そして ミナ・タン チャームは、デニムのラブラドールのラブちゃんです》
    と、着用しているブランドを紹介。ハイブランド『マイケルコース』のトップスは、黒地に黄色の花柄があしらわれており、肩の部分が露出するデザインのもの。
    これに、お尻が隠れるか隠れないかという〝ギリギリ〟のショート丈のボトムスを合わせている。
    低めのヒールサンダルにもかかわらず、藤原の美脚がいかんなく発揮されているコーディネートに、ファンからは称賛のコメントが多く寄せられた。

    「胸とおなかの高さが同じ」
    しかし、ほっそりとした美脚に相対して上半身の厚み、特に〝ぽっこりしたおなか〟が目立ってしまう事態に。ネット上では、

    《下っ腹出てるよ!》
    《下腹も初老そのもの。50なんだから相応の服着なよ》
    《胸とおなかの高さが同じってある意味すごい》
    《上半身がけっこうボリュームある》
    《顎の下のラインと下腹部が年齢相当に出て来ちゃった感》

    などと、辛らつな声が続出している。

    「スタイルの良さをウリにしてきた藤原さんも、下っ腹が出てきたようですね。女性は、筋力が弱いため、鍛えないと年々下っ腹が出てきてしまいます。
    藤原さんは最近、舞台『サザエさん』の稽古で多忙でしょうし、思うようにジムに通えていないのかも。
    また、藤原さんの骨格は、3種類ある骨格診断結果のうち、全身のバランスは重心が上の方にあってグラマラスなボディーが魅力的な〝ストレート〟タイプだと思われます。
    このタイプは、上半身ががっしりしているため、首元が大きく開いた服が似合います。
    今回の藤原さんのトップスは、襟が首元まで詰まっているものですから、よりがっしりとして見えてしまい、
    ぽっこり下っ腹と合わせてスタイルが悪く見えてしまいます」(女性誌ライター)

    ちまたでウワサになっている〝魔女セラピスト〟に傾倒するあまり、自身の下っ腹の成長に気付いていないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1925514/
    2019.07.16 10:30 まいじつ


    (出典 s.eximg.jp)


    【【芸能】藤原紀香の“ぽっこり腹”⁈に驚愕】の続きを読む


    戸田 恵梨香(とだ えりか、1988年8月17日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市出身。フラーム所属。 小学生の頃から芸能活動を開始し、中学卒業までは関西の芸能事務所に所属していたが、現事務所フラームにスカウトされ中学卒業を機に上京。 2003年、『週刊ヤングジャンプ』の「制コレ'03」にエントリ
    40キロバイト (5,127 語) - 2019年7月12日 (金) 03:56



    (出典 memo.study-languages.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/15(月) 20:53:41.12 ID:lAlukEiR9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    低迷する大河ドラマをよそに、広瀬すずが主演するNHK連続テレビ小説「なつぞら」は安定して高視聴率をキープしている。

    「10%台に落ち込むこともたまにあるが、週間平均視聴率は放送第1週目から常に20%を超えている。
    裏番組では各局がワイドショーも放送しているが、『なつぞら』を見てからワイドショーにチャンネルを変える人が多いのでは」(テレビ局関係者)

    次の朝ドラは9月30日から放送される、戸田恵梨香主演の「スカーレット」。
    朝ドラで毎年開かれるのが、現在の作品と次回作のヒロインが登場するバトンタッチセレモニーだ。

    今年3月には広瀬と、前作「まんぷく」の安藤サクラが出席。和やかな雰囲気の中、
    それぞれの作品にゆかりのある物を互いに送り合ったが、広瀬と戸田のセレモニーについては関係者が頭を悩ませてしまっているというのだ。

    「通常、芸能界では同じ相手と交際していた女優は“共演NGリスト”入りするものですが、2人とも俳優の成田凌との交際が報じられています。
    広瀬サイドは交際をきっぱり否定しているんですが、万が一のことがあるので、できれば2人が顔を合わせるのは避けたいところ。
    キャスティングする方はそこまで考えて広瀬、戸田と主演が続くようにしたわけではなかったようですが」(NHK関係者)

    これまで数々の朝ドラヒロインがいる中、さすがに、放送中に男性スキャンダルが報じられたヒロインはあまり多くない。

    「戸田は朝ドラの話があったので成田ときっぱり別れたといううわさがあるぐらい、朝ドラに女優人生を懸けています。
    広瀬も夜遊びは控えているようで、朝ドラ終了後の“反動”が心配されています」(テレビ局関係者)

    2人が顔を合わせるとすれば、異様な緊張感が漂いそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1924199/
    2019.07.15 12:10 リアルライブ


    【【芸能】次の「朝ドラバトンタッチ」、ヒロイン同士が“共演NG”? その理由は元彼?】の続きを読む

    このページのトップヘ